ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?

“SNS探偵”と化した恋人があなたの秘密を暴く!
デジタル化が急速に進む「浮気チェック」の現場

宮崎智之 [フリーライター]
【第40回】 2012年10月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

あなたも恋人に監視されている?
スマホやSNSの浮気チェックが急増

 デジタルツールの発達により、スマートフォンやSNSを活用して浮気をする人が急増していると言われている。身に覚えのある読者もいるかもしれない。そこで気になるのが、自分のパートナーから浮気チェックをされていないかどうかだ。

 浮気調査と言えば、探偵事務所に依頼することを思い浮かべる人も多いと思うが、最近は自前で行なうケースも増えている。実は、浮気でよく使われるのがデジタルツールなら、浮気チェックによく使われるのもデジタルツールなのだ。

 リサーチサービス会社・ネオマーケティングの『ケーターイ・SNSと男女の浮気に関する意識調査』によると、携帯をチェックしたことがある人の中で、SNSなどの使用履歴を浮気調査に利用している一般男女の割合は22.3%。同調査では、恋人からのチェックを逃れるために、「最近では個人ごとにセキュリティ設定を行ない、解除コードを入力しなければ誰も見ることができない“秘密のメッセージをやり取りできるアプリ”なども登場している」と報告している。

 もし恋人が自分のアカウントに無断でログインし、メッセージのやり取りなどを盗み見しているのであれば、非常に問題がある行為だ。しかし、うっかりログインしたままその場を離れている隙にチェックされたというトラブルは実際にある。さらに、そこまでしなくても、恋人によって自分の行動を監視されてしまう方法がデジタルの普及によって増えているのだ。

 そこで今回は、デジタル化する浮気チェックの実態と、その具体的な方法を調べてみた。

 最初に断っておくが、パートナーとの信頼関係を壊す浮気は、決して推奨されるべきものではない。実際に浮気をしている人が、デジタルツールを使った浮気チェックの現状を知ることで、自分の行動を顧みるきっかけになれば幸いだ。浮気とは縁がない人の中にも、「いつ恋人にチェックされているかわからない」と気になっている人が多いと思うため、実態を知っておいても損はないだろう。

 まず、典型的なのが、恋人にSNSの書き込みをチェックされ、浮気を見破られるパターンだ。実際に恋人のSNSをチェックしている人々は、こう明かす。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?

日本は「結婚受難」の時代に突入した。街やオフィスには、「出会いがない」と焦る独身者や「結婚に疲れ果てた」と嘆く既婚者が溢れている。一昔前の日本人なら誰しも得られた「結婚」という当たり前の幸せを、得ることができない。夢や希望を失った「ロス婚」(ロスコン)な人々が増殖する背景には、いったい何があるのか? 婚活や結婚生活に悩みを抱える人々の姿を通じて、「日本人の結婚」をいま一度問い直してみよう。

「「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?」

⇒バックナンバー一覧