ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
チェーンストアエイジThe Interview

マックスバリュ西日本代表取締役社長 岩本隆雄
本社を広島県に移転 SCM確立で
ローコスト・オペレーションを実現する!

チェーンストアエイジ
【第47回】 2011年12月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

イオン(千葉県/岡田元也社長)グループの一員として、関西、中・四国エリアで店舗展開するマックスバリュ西日本。この10月に本社を兵庫県から広島県へ移転し、強い店舗網の再構築に踏み出した。激変する経営環境の中、事業の今後についてどう考えているのか。5月、社長に就任した岩本隆雄氏に聞いた。聞き手/千田直哉(チェーンストアエイジ)

いろいろな面で標準化進めたい

──10月11日に本社を、これまでの兵庫県姫路市から広島市に移転しました。

マックスバリュ西日本代表取締役社長 岩本隆雄
いわもと・たかお 1952年生まれ。1976年、ジャスコ(現:イオン入社)。96年、プリマート取締役。99年、琉球ジャスコ取締役。2000年、ジャスコSSM商品本部兵庫商品部長。02年、マイカル商品本部食品企画部長。04年、イオン食品商品本部グロッサリー商品部長。06年、イオン食品商品本部副本部長。07年、イオングローバルSCM社長就任。11年5月、マックスバリュ西日本社長就任。

岩本 一番の理由は、旧本社建物の耐震構造に問題があったからなのです。広島市を移転先に選んだのは、今後の成長戦略を考慮した結果です。現在(2011年10月末)、167店舗のうち兵庫県は86店舗と半数以上を占めています。本社を移したことで、まだ店舗数の少ない広島県、岡山県、さらに山口県へも店を出しやすくなると考えています。

──イオンは、マルナカ(香川県)と山陽マルナカ(岡山県)を買収すると発表しています。

岩本 その2社が店舗展開しているのは中・四国、関西エリアで、当社の商勢圏と重なっています。これまでは競争相手だった企業です。

 ただ視点を変え、互いの長所を組み合わせれば強い競争力が生まれる可能性はあると考えます。

──さて、今期(2012年2月期)に入ってからの、業績をどう分析していますか?

岩本 どの企業もある程度は共通するでしょうが、第1四半期は、東日本震災の“特需”の影響もあり、前年の数字を上回るペースできました。第2四半期に入ってからも、しばらくは同じ傾向でしたが、7月前後から鈍化に転じ、8月、9月は芳しくありません。下半期の先行きにあまり明るいイメージが持てていないのが正直な感想です。

 何か特定の原因があるというより、社会全体の低調なマインドによるものではないかと見ています。株価に象徴されるような経済の低迷、また「これから税金が上がるかもしれない」「会社の手当が削減されるのではないだろうか」といった、将来に対する不安感を持っている人は少なくありません。その中での震災発生──。それが西日本にも予想以上に暗い影を落としています。

──そんな厳しい状況の中、社長に就任しました。以前は同じイオングループの企業(イオングローバルSCM〈千葉県/ジェンク・グロル社長〉)の社長でしたが、マックスバリュ西日本という企業を外側からどのように見ていましたか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

チェーンストアエイジ

『チェーンストアエイジ』誌は、創刊40年を迎える隔週発行の流通ビジネスマン必携・必須の情報誌です。マーケティング&イノベーションにつながるビジネスヒントを満載。徹底的に現場を取材し、データにこだわることで流通業界内外において、キラリと異彩を放っています。GMS(総合スーパー)、食品スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、ホームセンター、専門店チェーン、インターネットリテーラーほか、卸売業、製造業など最新・最重要なニュースとデータをご提供します。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


チェーンストアエイジThe Interview

『チェーンストアエイジ』誌の編集長が、折々、流通業界でもっとも注目されているトップに猛烈接近して、読者の聞きたいタイムリーな回答を引き出します。

「チェーンストアエイジThe Interview」

⇒バックナンバー一覧