LINEで連絡を完結させていたため、LINEをブロックされ、彼が「どこ」の「だれ」なのかさえ分からなくなった(写真はイメージです)

世の中には口が上手く、カラダ目的で女性に近づく男性が一定数存在します。彼らは、初対面の女性の心をつかんだり、あるいはネットで知り合った女性に言葉巧みに声をかけ対面を果たし、恋愛感情を抱かせ「体を許してもいい」と信用させます。今回は相談事例をもとに「女性の体目当て」の場合に絞って、彼らの手口を紹介しましょう。(露木行政書士事務所代表 露木幸彦、文中は仮名)

男性の「口の上手さ」
「匿名性」に注意が必要

 今のご時勢、誰しもSNS(ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなど)のアカウントは1つぐらい持っています。ネット上の交流から、ダイレクトメッセージなど親密度が増し、実際に会う流れになることがありますが、ネット上でのやりとりのため匿名性が高くなります。

「口の上手さ」と「匿名性」を悪用して女性を餌食にする男性の被害に遭わないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。それには、このような事例を反面教師にするのが賢明です。

「絶対に許せません。何もなかったかのように、のうのうと暮らしている彼のことが!彼は37歳で大の大人なのにLINEをブロックするという幼稚さに呆れ返っています!!面と向かって『もう会いたくない』って言ってもらえたら…つらいでしょうけど、まだその方がスッパリとあきらめて忘れられたのに、こんなやり方って!?今は不眠症の薬に頼っています」