「トゥミ(TUMI)」は、2018年1月8日(月・祝)まで富山県美術館で開催されている開館記念展Part2「素材と対話するアートとデザイン」に「Tegra-Lite(R) (テグラライト)」コレクションで最大サイズの「テグラライト・マックス・ラージ・トリップ・エクスパンダブル・パッキング・ケース」を出品。

 2014年に発売された「テグラライト マックス」は、本体にNASCARのレース車両などに使われる熱可塑性ポリプロピレン複合素材「テグリス(R)」を使ったハードケース。収納性も抜群で、フロント部分に本体一体型のU 字型ポケットを装備し、ファスナーでマチを拡張することでパッキングスペースを約5cm増加することができる。

「Milliken & Company(R)」が開発した「テグリス(R)」は、ファブリック状に編みこまれた押し出し成型の繊維素材をプレスし、硬いシート状に加工したもので、通常の熱可塑性・熱可塑性樹脂複合素材に比べ、2~15倍の衝撃耐久性をもつ。トラベル&アクセサリー製品の分野では、「トゥミ」だけが「テグリス(R)」を使用することができるのだという。

 富山県美術館開館記念展Part2「素材と対話するアートとデザイン」は、モノづくりにおける素材とその変容がテーマ。素材の魅力と、素材に触発されて生まれたアートやデザインを4つのセクションを通して紹介する。革新的な素材の特徴を活かした「テグラライト マックス」は、「革新×素材」のセクションに展示されている。


富山県美術館「富山県美術館開館記念展Part2 素材と対話するアートとデザイン」
開催期間 :2017年11月16日(木)~2018年1月8日(月・祝)
開館時間 :9:30〜18:00 ※入館は17:30まで
開催場所 :富山県美術館(富山県富山市木場町3-20)2階 展示室3、4
観覧料  :[一般]1300円 [大学生]950円 ※高校生以下は無料
http://tad-toyama.jp/
http://www.tumi.co.jp/