ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄 未曾有の大災害 日本はいかに対応すべきか

将来の労働政策の課題は
雇用の確保でなく質の向上

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第41回】 2011年12月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 前回、将来の労働力の需給を考え、労働力不足に陥る可能性が高いことを述べた。そこでは、将来の労働供給について、将来人口推計をもととした粗い試算を示した。これについては、さまざまの試算が試みられている。

 いずれの試算においても、労働力率の変化をどう見積もるかが結果を大きく左右する。労働年齢の男性の労働力率はすでに高くなっているので、女性と高齢者の労働力率がどの程度変化するかがポイントである。

 このいずれもが、制度に大きく影響される。

 女性については、育児支援と主婦の年金が重要である。高齢者については、在職老齢年金が重要だ。いずれも現在の制度は就労を妨げるバイアスを持っているので、これらが変われば、労働力率はかなり変わる可能性がある。

労働力供給は今後大きく減少する

 『平成23年版高齢社会白書』は、「労働市場への参加が進むケース」と「労働市場への参加が進まないケース」について、将来労働力を試算している。

 ここで、「労働市場への参加が進まないケース」とは、性・年齢別の労働力率が2006年の実績と同じ水準で推移すると仮定したケースであり、「労働市場への参加が進むケース」とは、各種の雇用施策を講ずることにより、若者、女性、高齢者等の労働市場への参加が実現すると仮定したケースである。

 ただし、「この推計においては、税・社会保障制度等の労働力需給に与える影響については必ずしも十分に考慮されていないが、こうした制度が変更されることによって労働力需給に大きな影響を及ぼす可能性があることに留意が必要」とされている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄 未曾有の大災害 日本はいかに対応すべきか

3月11日に発生した東日本大震災。その人的被害が凄まじいのはもちろんのこと、その後の日本経済に対しても長期的に深刻な問題を与えることが懸念される。こうした状況を乗り越えるために、日本はどう立ち上がるべきなのか。

「野口悠紀雄 未曾有の大災害 日本はいかに対応すべきか」

⇒バックナンバー一覧