世界一売ることが難しい商品が「殺し」を売ることができれば、世界一のマーケティング・マネージャーになることができるのではないか――そう考えた天狼院書店店主の三浦崇典氏による緊急寄稿!
第3刷が決定した、本格マーケティング小説『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)において、「受注数世界一の殺しの会社」を創ろうとしている主人公の女子大生起業家七海は、師匠の西城から、世界最強のマーケティング技巧「7つのマーケティング・クリエーション」について学ぶことになる。
なんと、この小説の中に、1969年から「幻の羊羹」行列が40年以上とぎれない吉祥寺「小ざさ」が登場するという。著者の三浦氏は、吉祥寺「小ざさ」社長・稲垣篤子氏の処女作『1坪の奇跡』がきっかけで起業した。
今回、その三浦氏に、吉祥寺「小ざさ」を「7つのマーケティング・クリエーション」で読み解いてもらおう。

最も土台となる「ストーリー」

三浦崇典(Takanori Miura)
1977年宮城県生まれ。株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。雑誌「READING LIFE」編集長。プロカメラマン。小説家。劇団天狼院主宰。映画『世界で一番美しい死体~天狼院殺人事件~』監督。ライター・編集者。著者エージェント。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。2017年11月、『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)を出版予定。
NHK「おはよう日本」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、雑誌『商業界』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場。

『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)は、女子大生起業家桐生七海が「受注数世界一の殺しの会社」を創るために奮闘するミステリー小説です。「営業」、「広告」、「PR」が使えない、世界一売りづらい「殺し」をどう売るか……最強のマーケティング・マネージャー西城潤に、究極のマーケティング・クラフト「7つのマーケティング・クリエーション」を伝授されていくうちに、七海は「受注数世界一の殺しの会社」を創るためのヒントにたどり着く。それこそが、1坪2品で年商が3億円を超え、40年間以上行列が途絶えたことのない吉祥寺「小ざさ」だった。

 働き方を考えるうえで、どうしても無視できない要素が、実は「7つのマーケティング・クリエーション」の中にある。まずは下の図を見てもらいたい。

「7つのマーケティング・クリエーション」
拡大画像表示

 このマーケティング理論は、層として組み上げる、クリエーションが重要になる。モデルから入ると、主人公の七海のようにビジネスモデルの構築に失敗する。

 層の中でも、最も土台となるのが、「ストーリー」である。
 簡単に言ってしまえば、『ONE PIECE』の主人公ルフィーが言うところの「海賊王に俺はなる!」がそうであり、『キングダム』の主人公李信が言うところの「大将軍に俺はなる!」がそれである。
 企業理念といったり、クレドといったり、そもそもその組織や企業、プロジェクトが存在しなければならない理由が「ストーリー」である。

 先日、福岡の書店で「1シート・マーケティング」の実践講座をしているときに、参加者の2名の方からまったく同じことを言われた。

「私には、こうしたいというストーリーがないのですが、どうすればいいでしょうか?」

 それに、僕はこう即答した。

「自分が共鳴できる『ストーリー』を持っている企業に就職すればいいのです。逆を言えば、もし、今勤めている企業の『ストーリー』に共鳴できなければ、早々に転職してしまわないとあなたがブラック化してしまうでしょうし、今勤めている企業の『ストーリー』の範疇を、あたたが思い描く『ストーリー』が超えてしまった場合は、独立起業するのもいいかもしれません」

 そう、なにも、無理してその企業に居続ける必要はない。
 もし、海賊を嫌悪しているのならば、「海賊王になる!」と公言しているルフィーのもとでは働けないだろう。

「マーケティング」のみならず、企業の「ストーリー」は、従業員がそこに合うかどうか決めるうえで、最も重要な要素となる。
 もしかして、給与や待遇よりも、長期的に見れば、その企業の「ストーリー」と自分の「ストーリー」が共鳴できるかが最も重要なのかもしれない。