ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

イノベーションを巻き起こすには
企業のIT部門にも“二刀流”が必要か?

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第75回】 2017年12月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

IT部門はどのような支援ができるか

 IT部門内にイノベーション推進チームを設置した場合、このチーム以外の従来のIT部門はイノベーションに対してどのような役割を果たすべきであろうか。また、事業部門や専門組織が主体となってイノベーションを推進しようとする際に、IT部門はこれらの活動に対してどのような支援を提供することができるのであろう。その際の役割には、「イノベーションを促進するIT環境の整備」と「イノベーション・システムの構築・運用への支援」の2つが期待されていると考えられる(図3)

出典:ITR

イノベーションを促進するIT環境の整備:
ITを活用したイノベーションを実現するためには、まずは社内のユーザーの知的活動が円滑に行われることが重要となる。創造的なアイデアが生まれやすい、協調的な作業を行いやすい、データや情報を高度に分析・活用できるといった環境を整えることが求められる。これらは、これまでもIT部門が提供してきたものであるが、それをより一層推し進めることがイノベーションの促進に役立つ。ITインフラや基幹業務システムなどの従来から提供していたシステム環境が、柔軟な外部連携や新規サービスの展開において足かせとならないよう、変化適応力のあるものへと構造改革していくことも重要な任務となるだろう。

イノベーション・システムの構築・運用への支援:
事業部門や専門組織が推進するイノベーション案件は、早期立ち上げが重要視され、事業の成長に応じて変更や拡張が繰り返される。また、開始当初はそれほど性能や安定稼働が強く求められないが、次第に運用要件が厳しくなることも珍しくない。この領域は、社内システムとは違って事業活動に直結し、顧客や取引先に影響を及ぼすため、事業が本格化するに従って堅牢で安定的な運用が要求されることとなる。本番運用されるようになると、技術標準、セキュリティ、共通化・共有化・統一などによる全体最適化、運用保守性などを考慮する必要が生じ、アーキテクチャ指向や運用視点などIT部門が培ったノウハウが必要となる。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧