ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

若者よ、史上最年少25歳で上場の村上太一氏に続け!

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第211回】 2011年12月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

大学1年生で起業した村上太一氏
最年少上場は、久しぶりの明るい話題

 12月7日、東証マザーズに株式会社リブセンスが上場した。公募価格990円に対して初値は1800円、初日の終値はストップ高の2200円と好調な滑り出しだった。この株価に対して時価総額を計算すると、約76億円になる。その後も、2000円台の株価を維持していて、12日の終値は2115円だ。

 リブセンスは、社長の村上太一氏が25歳と、これまでの最年少で上場会社の社長になったことが話題となっている。同社は、2006年にスタートした会社で、これは村上氏が大学1年生のときだという。

 リブセンスは、インターネットによる広告会社と言っていいだろうが「成功報酬型」のビジネスモデルで、アルバイト、正社員、派遣それぞれの分野の求人広告でビジネスを立ち上げてきたが、その後、不動産、中古車などの分野にもビジネスを拡げている。

 たとえば、求人広告のビジネスでは、かつては紙媒体の就職情報誌や、近年ではインターネット上のサイトに求人主が広告費を払って、求人広告を掲載するビジネスモデルが主流だった。

 このモデルでは、広告を取るための営業力やサイトの集客力(ページ・ビューなどで測られる)などが重要だった。それなりにコストがかかる点に、難点と同時に参入障壁があった。

 他方、リブセンスが採用した、求人が成功して採用に至るまで雇い主側で費用のかからない成功報酬型のビジネスモデルだと、求人広告を出す側のハードルが下がる。また、求人広告が集まりやすくなることによって、求職者側も1ヵ所のサイトを見に行くと多くの求人案件にアクセスできるので、求人・求職両方の側にとってメリットがある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧