ミラノ・マルペンサ空港からの空輸

 ミラノ・マルペンサ空港では、旅客機のターミナルから少し離れたエアカーゴの待機スペースに15もの台車が載せられた「グラントゥーリズモ」と「グランカブリオ」が、飛行機の到着を待つ。飛行機内部の関係で、一台用の台車に載ったクルマが2台、残りの26台は二段重ねの台車に載せられているからだ。

 今回使用するのは、ロシアのエアブリッジカーゴ航空所有のボーイング『747-400ERF』。機体には航空会社のマークとともにマセラティロゴが施されている。

 その機体は、いわゆる1階スペースが空洞で、そこに2列縦隊で新型車を載せた台車が、後部側面の搬入口から入れられ、並べられていく。熟練のスタッフによる積み込みは、2時間もかからずに終了。輸送の準備はあっけなく整ったのだ。

 そして、28台のマセラティは、ロシアを経由して成田へと運ばれたのである。

 この輸送のポイントは大きく2つ。

「ひとつは、機体に十分な余裕がないと一度に28台のクルマを運ぶことが出来ない。そこで、747の機体にその場所を確保しなければいけなかったこと。もうひとつは、安全にそして安心出来る方法で、決してクルマを傷つけることなく輸送するということです」(輸送に協力したアジリティイタリアのローラ・センドラ氏)

 さらにいえば、その場所が規制の多い空港であることが、マセラティスタッフの頭を悩ませた。その辺りをマセラティ ジャパンのグイド・ジョバネッリ代表に聞くと「難しかったですが、いろいろあるのでやめときましょう(笑)」という答えが返ってきた。