メガバンクは手数料の引き上げに向かい始めた (写真はイメージです)

 メガバンクが、相次いで手数料の引き上げを予定している。報道によれば、みずほ銀行は2018年1月から、三菱東京UFJ銀行は同年4月から、それぞれ両替手数料を引き上げると方針だという。

 銀行は、貸出先が乏しくなったことに加え、長く続く低金利の影響で収益が悪化していたこともあって、以前から手数料を収益源の柱にしようとしていた。だが、詳しくは後述するが、昨今の「ゼロ成長」と「ゼロ金利」によって収益悪化に歯止めがかからないため、手数料収入の確保とともに、窓口でのサービスを有料化することで顧客をATMに誘導し、人員削減につなげてコストを削減しようとしているわけだ。

そもそも「サービス」は
「無料」ではない

 そもそも、日本人の中には、「サービス」は「無料」だと考えている人が少なくない。だが、サービスにもコストがかかっており、そのコストを顧客が負担するのは当然の話だ。

 これは銀行だって同じ。例えば銀行が両替を行うコストは、当然、顧客が支払うべきだ。「無料で両替してくれたから、御行に口座を開きます」という顧客ばかりならいいが、そうしたケースは非常に少ないだろう。その銀行と何の取引もない人たちが突然来店して、銀行員の時間を奪うのだから、その分の人件費などのコストは負担すべきである。