HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「引きこもり」するオトナたち

引きこもり状態の男性が入院治療中に心肺停止
多剤多量投与に頼りがちな精神医療へ疑問を呈す

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第91回】

 長年引きこもり状態にあり、「統合失調症」と診断されていた当時38歳の男性が2007年6月、北見赤十字病院に入院した。しかし、約1週間後に心肺停止を起こし、翌年3月に死亡した。主治医は、後期研修医だった。

 なぜ男性は死に至ったのか――。

 その原因は、多剤多量投与によって、中枢神経が抑制され、呼吸停止したことにあるとして、北海道内に住む両親のAさん夫妻が、主治医と病院を相手に、民事訴訟を起こしている。

 多剤多量投与に頼りがちな精神医療体制に疑問を投げかける遺族のAさん夫妻に今年8月、インタビューしているので紹介したい。

「僕は狙われている」「壁から雑音が…」
統合失調症で入院、そのまま引きこもりへ

 当時38歳だったAさん夫妻の次男が、最初に体調を崩したのは、大学6回生のときのことだ。

 「身体の調子がおかしい」

 そんな電話が、下宿先でひとり暮らしをしていた次男からたびたびかかってくるようになった。しかも、「首にしこりができている」などという不可解な症状だ。

 Aさんが「帰ってこい」といくら説得しても、次男は「大学の研究があるから、休めないんだ」という。

 そして、ようやく帰宅した次男は、実家近くの病院へ行って、念のためMRIなどで検査してみた。しかし、とくに異常は見つからない。

 「そんなことないんだけどなあ」

 次男は首を傾げながら、再び大学へと戻っていった。

 1週間くらい経って、心配したAさんの妻が、下宿先の次男の様子を見に行った。異変に気づいたのは、レストランで食事をしているときだ。次男は「僕は狙われている」「壁から雑音が聞こえて、勉強できない」などと、妄想の症状が出ていた。

1 2 3 4 5 >>
このページの上へ

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧