中国企業が開発に名乗りを上げたロイヤルアルバート駅周辺は人影もまばらだ Photo by Konatsu Himeda

英国の大規模再開発に
中国企業が名乗りを上げる

 ロンドンの地下鉄を乗り継ぎ、ロンドン市東部にあるロイヤルアルバート駅を目指す。ロイヤルアルバートは、ドックランズ・ライト・レイルウェイの終点に近い駅で、東に進むにつれ、テムズ河の対岸のロンドンシティ空港が視界に入ってくる。

 ロンドン市東部は、ロンドン五輪の開催を契機に再開発が行われたが「ハコモノ政策に過ぎなかった」という批判があるように、今なお活性化への課題が残されている。確かに降り立ったロイヤルアルバート駅周辺は、コンベンションセンターとおぼしき建物といくつかのホテルがあるだけで、人影もまばらだった。

 この一帯で、大規模なウォーターフロント再開発が行われるという。その「ロイヤル・アルバート・ドック」の再開発事業に名乗りを上げたのが、なんと中国企業。北京に本社を置く中国民営企業の「総部基地全球集団(以下、総部集団)」が、このプロジェクトを受注した。