ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

「紅白歌合戦」の中国放映に思う    
ハードからソフト輸出時代到来の予感

莫 邦富 [作家・ジャーナリスト]
【第86回】 2012年1月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

紅白歌合戦が初めて
中国で放映された

 今年は寝正月だった。昨年、酷使していた体をすこしでも癒そうと考えたからだ。

 ここ数年、ほとんどテレビを見なくなってしまったが、それでも大晦日の夜には、いままでの慣性に任せて、何気なくテレビの前に座り、見るともなく第62回の紅白歌合戦を見ていた。松田聖子と一緒に歌った神田沙也加ちゃんのあの青春に輝く顔が印象に残った以外は、特に記事として取り上げることはないと、その時は思った。

 しかし、実は今度の紅白歌合戦は、いろいろな意味で語らなければならない。日本の皆さんがどこまで知っているかはさておいて、中国では、この日本で国民的イベントと言っても過言ではない番組が初めて中継放送された。

 紅白の放映権を取得したのは上海の東方衛星テレビだ。経済の都として日本ともっとも密接な関係にある上海、邦人長期滞在者がもっとも多い町、日本語学習人口、日本留学経験者も圧倒的に多い港町。その上海の衛星テレビが日本の代表的な番組に、大きな関心を払うことは自然と言えば自然な成り行きだ。

中国人の身の回りから
日本ブランドが消えていく

 だが、私はそうは思わない。むしろ紅白歌合戦の中国での中継放送は、日中関係における一つの転換点として見るべきではないかと主張したい。

 1978年に改革・開放路線を歩み出してから、中国は長らく日本を師と仰いでいた。日本の今日は中国の明日だと信じて、中国国民は改革・開放時代を受け入れ、その時代変化の陣痛に耐えていた。あの頃の日本の存在は大きかった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

莫邦富(モー・バンフ) [作家・ジャーナリスト]

1953年、上海市生まれ。85年に来日。『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーに。そのほかにも『日中はなぜわかり合えないのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』、『鯛と羊』など著書多数。


莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

地方都市の勃興、ものづくりの精度向上、環境や社会貢献への関心の高まり…中国は今大きく変わりつつある。先入観を引きずったままだと、日本企業はどんどん中国市場から脱落しかねない。色眼鏡を外し、中国ビジネスの変化に改めて目を凝らす必要がある。道案内人は日中を行き来する中国人作家・ジャーナリストの莫邦富氏。日本ではあまり報道されない「今は小さくとも大きな潮流となりうる」新発見を毎週お届けしよう。

「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」

⇒バックナンバー一覧