ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
グローバル競争を勝ち抜く組織人材戦略

ニューグローバリゼーションに
向けた組織構造変革

大西 俊介
【第4回】 2018年1月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2018年、国内の株式市場はすこぶる好調で、年明けの経済団体関連の祝賀パーティでもかなり勢いを感じるコメントが多かったと思います。半面、世界の動きについて不確実性が高まっていくと評する方が多いようでした。よく聞くコメントですが、これは違うのではないかと思います。「不確実性が高まっている」のではなく「複雑化が進んでいる」と解釈すべきでしょう。それが第1回で述べた新たなグローバリゼーションの動きなのです。

 この複雑性を制御するために大きな力を発揮しうるのがテクノロジーであり具体的にはAIやIoT、クラウドになるわけです。

 このような時代において、必要とされる人材の要件について第2回、第3回に分けて考えをまとめました。知識・経験の領域において、社会科学的要素と理数工学系要素のハイブリッドが求められること、加えて、イノベーションを促す発想力を後天的に発言させるために必要な芸術的感性、そして世界を舞台とするリーダーには自ら考え、発信する力とこれを生み出すための多様性の受容力とこれに基づく持続的成長が必要ということでした。

 さて、今回のテーマは組織モデルです。包括的で体系的な教科書的なまとめ方ではなく、これまでの自分の活きた経験を通して、特に、日本企業のグローバルな事業展開を目指すにあたり、組織論的観点からポイントとなる論点に絞ってお話をしたいと思います。それは、連邦制か単一企業体か、という論点です。

連邦制か、単一企業体(グローバルシングルエンティティ)か

 日本の国内のみでビジネスが完結する企業に勤められている方にはピンとこないかもしれません。ただ、この論点は外資系企業やグローバルな事業展開を加速化させようとする日本企業に勤められている方には、かなり共通的な論点ではないかと思います。具体的にいうとどういうことなのか説明します。

 国を跨ってグローバルに事業を展開する企業の組織編成のあり方は、大きくは2つのタイプがあります。それが「連邦制」と「単一企業体」です。

次のページ>> 連邦制とは
1
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

大西 俊介
[インフォシスリミテッド 日本代表]

おおにし・しゅんすけ/1986年、一橋大学経済学部卒業後、同年日本電信電話株式会社に入社、株式会社NTTデータ、外資系コンサルティング会社等を経て、2013年6月より、株式会社NTTデータ グローバルソリューションズの代表取締役に就任。通信・ITサービス、製造業界を中心に、海外ビジネス再編、クロスボーダーな経営統合、経営レベルのグローバルプログラムの解決等、グローバル企業や日本企業の経営戦略や多文化・多言語の環境下での経営課題解決について、数多くのコンサルティング・プロジェクトを手掛ける。NTTデータグループの日本におけるSAP事業のコアカンパニーの代表として、事業拡大に貢献した。SAP2017年1月1日、インフォシスリミテッド日本代表に就任。著書に「グローバル競争を勝ち抜くプラットフォーム戦略」(幻冬舎)等がある。

グローバル競争を勝ち抜く組織人材戦略

グローバル化とその揺り戻しともいえる保護主義が錯綜する世界のビジネス環境。そこで生き残る企業の条件を、外資系IT企業日本代表の立場で論考する。

「グローバル競争を勝ち抜く組織人材戦略」

⇒バックナンバー一覧