真言宗の尼僧である悟東あすか氏は、幼い頃から「見えない存在」を感じ取っていたが、そのことで生き辛さを感じ、得度した際にお大師さまに祈って以来は霊感的に何かを見ることはなくなり、そして徐々に祈る時にご神仏からのメッセージを受け取れるようになったという。

そうして受け取ってきた様々なメッセージからわかった、ご神仏の力を借りて幸運に生きる方法を紹介した『神さま仏さまがこっそり教えてくれたこと』から一部を抜粋し、再構成してご紹介する。

この本で紹介されている悟東氏の周囲で起こった実際のエピソードには信じがたいものも多く、「神さま仏さまなんて、いるわけない!」と思い込んでいる人でもいつしか、「神さま、仏さまに祈ってみよう!」という気にさせてしまうはず!

お大師様がかなえたくれた、私の切実な願い

悟東あすか(ごとう あすか)
高野山真言宗尼僧であり、漫画家。幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うことで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。受明灌頂授了。2006年、高野山大学加行道場大菩提院にて加行成満。同年伝法灌頂授了。2007~2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。漫画家としては、1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。<撮影:松島和彦>

 私は、高野山真言宗の尼僧であり、漫画家です。
 私はお寺の出身ではありません。理学部を目指しての受験生だった時代に仏教と出会い、空海の開いた高野山で約33年前に尼僧となりました。

 私は幼い頃から、「見えないもの」の声を聞いたり、感じたりしていました。
 それが何だったのかはわかりません。しかし、成長するにつれて、それにより実生活に支障をきたすようになってしまったのです。
 思春期を迎える頃になると、そういった存在から、外出先で突然、手を引っ張られたりするなど、ところかまわずちょっかいを出されるようになりました。結果、睡眠障害などにも悩まされるようになったのです。
 しかし、真言宗に入門(得度)した時に、お大師さま(弘法大師さま)に、私はこう祈りました。

「私が見たいものは、こんなものではありません。
 私が見たいのは、真実の世界であり、そこに近づきたいのです。
 あなたの見た世界の片鱗でもいいので、そちらのほうが見たいのです」

 これ以降、おかしなものをむやみに見ることはなくなりました。
 ご神仏に祈ったり、助けを求めたりした時にだけ感じられるようになったのです。

 今は、自宅に祀っている不動明王さま(お不動さま)に日々祈りを捧げつつ漫画を描き、時折ご依頼があれば、ご祈祷やご供養をおこない、ご神仏と皆さまとの橋渡しをさせていただいています。

 そのようにして毎日、ご神仏と深く関わる中で、私は数々の仏さまや神さまといった存在を身近に強く感じるようになりました。そして、お不動さまをはじめとするご神仏のメッセージを受け取るようになりました。
 ご神仏の言葉が私にどう伝わってくるのかといいますと、頭の中に、ご神仏の意思というか、いわゆるメッセージと呼べるものが直接伝わってくることもありますし、物や光景、ご神仏や亡くなった方などの姿が画像として浮かんでくることもあります。
 そして、神さまや仏さまは、私たちが生まれた時からずっと見守っていて、人間の悩みや人生の問題を受け止め、常に励まし、具体的に導いてくださっていることを実感したのです。そのことをお伝えしたくて、漫画やイラストを描いたり、本を出版してお話会や講演などをおこなったりしています。

 でも、私はいわゆる「霊能者」ではありません。
 日々、自宅で不動明王さまを祈り続けている真言行者です。

 ご神仏に祈りを捧げながら生きることも、漫画を描きつつ「普通の生活者」として毎日を送ることも、私にとっては何ものにも代えがたい大切な修行です。
 ご神仏と関わり、私自身の生き方は大きく変わりました。
 何度もその存在に助けられる中で、自分の心を素直に見つめられるようになり、大きな安心感の中で生きられるようになったのです。