ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
困ったら絶対に、祈ってみることをお勧めします!
【第5回】 2016年9月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
山川紘矢/山川亜希子

日本古来の、体の疲れを取り、
心に安らぎをもたらす祈り

1
nextpage

日本には古来、さまざまな形の祈りがあります。お経や念仏も祈りの言葉ですし、「ありがとう」「いただきます」にも祈りが込められています。ここでは神さまがつくったとされる祈りの歌を紹介します。

お経も念仏も
日本に伝わる祈りの言葉

 日本にもいろいろな形で祈りの言葉が残されています。

 仏教ではお経や念仏が昔からずっと唱えられてきました。最近では特に、般若心経は仏教徒のみならず、多くの人に愛されています。短くて覚えやすく、たとえ意味はよくわからなくても、このお経を唱えると心が安らかになるからでしょうか?
「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」などの念仏も、仏さまとつながり、ご先祖さまに祈り、心を静めるために、多くの人が日々、仏壇の前やお寺で唱えています。

 最近では、古代から伝えられたとされる「あわの歌」や「ひふみ祝詞」「真言」などに興味を持つ人々が増えています。すでにご存じの方も多いと思いますが、ここでは「あわの歌」をとり上げたいと思います。

神さまがつくった
体の疲れが取れる祈りの歌

 「あわの歌」は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の男女の神さまがつくった歌とされています。その時代、人々の言葉がとても乱れてきたので、それを正すためにこの歌を二人の神さまがつくられたそうです。48文字からなる短い歌です。

この歌を唱えたり歌ったりすると、不思議なことに身体が整い、疲れがとれるようです。
 これは私たちが実際に体験したことで、何も知らずに本を見て5回ほどこの歌を唱えたところ、翌日から急に疲れがとれてしまったのです。
 偶然かもしれませんが、それ以来、以前よりも元気になったように感じています。

 最近は多くの人に知られるようになって、いろいろな人が曲をつけて歌っています。動画配信サイトに多くの「あわの歌」がアップされていますので、好きな曲を見つけると楽しいと思います。自分で好きなように曲をつけて歌ってもいいでしょう。

 もちろん、ただ唱えるだけでも気持ちが落ち着きます。
 場の浄化にも役に立つ歌です。
 言霊、音霊でもありますが、同時に祈りを届ける歌でもあると思います。

 *あわの歌*

 あかはなま
 いきひにみうく ふぬむえけ
 へねめおこほの もとろそよ
 をてれせゑつる すゆんちり
 しゐたらさやわ

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


山川紘矢/山川亜希子 

山川紘矢(やまかわこうや)1941年、静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、大蔵省(現・財務省)に入省。1987年に退官し、亜希子夫人とともにスピリチュアル書の翻訳に携わるようになる。著書に、『輪廻転生を信じると人生が変わる』(ダイヤモンド社)などがある。

山川亜希子(やまかわあきこ)1943年、東京都生まれ。東京大学経済学部卒。大蔵省勤務の夫とともに海外生活を経験し、マッキンゼー・アンド・カンパニーなどの勤務を経て翻訳に携わる。著者に、『人生は、奇跡の連続!』(大和書房)などがある。

二人の共訳書には、ベストセラーとなった『アウト・オン・ア・リム』『聖なる予言』『アルケミスト』『前世療法』『ザ・シークレット』をはじめとして多数がある。


困ったら絶対に、祈ってみることをお勧めします!

誰もが神社やお寺にお祈りしに出かけたことがあるだろう。試験の合格祈願、新年の初詣、仕事の成功や病気の快癒を祈りに…など。なのに、祈りなんて気休めにすぎないと思ってはいないだろうか。実は海外では、大学などの研究機関で真剣に祈りの研究がなされていたりする。科学ではいまだ説き明かされていない現実があることと、それを人生に活用してみることをお勧めしたい。

「困ったら絶対に、祈ってみることをお勧めします!」

⇒バックナンバー一覧