ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

ヤマト運輸が届けてくれた感動が
中国の微博にこだました

莫 邦富 [作家・ジャーナリスト]
【第87回】 2012年1月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

日本的なサービスに深く感動

 うちの事務所の昨年のお歳暮は、リンゴやラフランスなど旬の果物の詰め合わせだった。

 12月初旬にデパートに配送を頼んだ。年末最後の出勤日に、宅配便会社ヤマト運輸から電話がかかってきた。とあるお客さんのところに何度も配送したが、不在なのでどうしましょうか、という連絡だった。どうやらその人が引っ越ししてしまったようで、それではそのお歳暮を私のところに戻してください、と頼んだ。その日は仕事納めだったので返送先は自宅にした。

 夜、自宅に戻って家内にその一件を説明すると、家内から、ヤマト運輸からすでに連絡があった、と言われた。家内の話によると、荷物の中にあるリンゴはたぶん大丈夫だろうが、ラフランスは心配なので、年明けてから新しい商品を用意して届ける、と言われたそうだ。

 びっくりした。何度も荷物をお客さんがいないところに送付し、さらにコストをかけて私のところに返送してくれる。それだけでも感激しているのに、中の荷物の内容まで心配してくれて、新鮮な商品を用意して返送するとなると、企業は大変ではないか、と思わず心配してしまった。同時に、この日本的なサービスに深く感動を覚えた。

 年が明けると新鮮な果物が送られてきた。そのラフランスを毎朝食べながら、ヤマト運輸のサービスの凄さを噛み締めている。

「微博」にあふれる驚きの声

 このことを中国のSNSである「微博」に書いたら、フォロワーたちがたいへん 驚いた。フォロワーたちの声の一部を拾ってみた。

 「称賛すべき、人にやさしいサービスだ。一人のお客さんの心を掴むことで、多くの潜在的なお客さんに影響を及ぼし、そして彼らを掴んだ」
 「これこそ日本の人にやさしいサービスだ」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

莫邦富(モー・バンフ) [作家・ジャーナリスト]

1953年、上海市生まれ。85年に来日。『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーに。そのほかにも『日中はなぜわかり合えないのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』、『鯛と羊』など著書多数。


莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

地方都市の勃興、ものづくりの精度向上、環境や社会貢献への関心の高まり…中国は今大きく変わりつつある。先入観を引きずったままだと、日本企業はどんどん中国市場から脱落しかねない。色眼鏡を外し、中国ビジネスの変化に改めて目を凝らす必要がある。道案内人は日中を行き来する中国人作家・ジャーナリストの莫邦富氏。日本ではあまり報道されない「今は小さくとも大きな潮流となりうる」新発見を毎週お届けしよう。

「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」

⇒バックナンバー一覧