優秀なエリートには共通点がある。彼らは「真面目に、我慢して、一生懸命」ではなく、「ラクして速く」をモットーに、効率よく結果を出し続けている。まじめさと仕事のパフォーマンスは比例しない。24年間で5万人以上のクビ切りを手伝い、その一方で、6000人を超えるリーダー・幹部社員を選出してきた松本利明氏の新刊、『「ラクして速い」が一番すごい』から、内容の一部を特別公開する(構成:中村明博)

100点ではなく、
「60点の出来」で出す3つのメリットとは?

 「神は細部に宿る」と言います。

 一発で仕事を通そうと思えば、より完璧に仕上げたいという気持ちがわくものです。誤字脱字や数値のミスが1つでもあると、資料はもちろん、提案内容への信頼も薄れてしまいます。

松本利明(まつもと・としあき)人事・戦略コンサルタント。外資系大手コンサルティング会社であるPwC、マーサージャパン、アクセンチュアなどを経て現職。5万人以上のリストラを行い、6000人を超える次世代リーダーや幹部の選抜・育成に関与する。その中で、「人の持ち味に合わせた育成施策を行えば、人の成長に2倍以上差がつく」ことを発見し、体系化する。そのノウハウを、クライアント企業にはマネジメントの仕組みとして、社員には具体的な仕事術へと落とし込み提供。24年間で、外資系・日系の世界的大企業から中堅企業まで、600社以上の人事改革と生産性向上を実現する。自らもその仕事術を実践することで、スタッフからプリンシパル(部長クラス)まで8年という驚異的なスピードで昇進する。現在は、企業向けのコンサルティングに加え、「すべてのムダをなくし、自分らしく、しなやかに活躍できる世界」にするため、「持ち味の見つけ方・活かし方」を、ビジネスパーソンのみならず学生にも広めている。「仕事術」「働き方」などのテーマで、メディアへの寄稿多数。また「日本企業の働き方・賃金改革の在り方」について、英国放送協会(BBC)から取材を受け、その内容は全世界に配信された。

 しかし大事なことは「誤字脱字もなく、資料が完璧」とほめられることではありません。速く確実に仕上げて通すことです。

 最初に確認するのは「納期・品質・用途」といった相手の期待値。

「会議で発表する資料を全部つくってほしいのか、考えを整理するためのたたき台をつくってほしいのか、エクセルで表とグラフだけつくってほしいのか」

 仕事の依頼者にしっかり確認しましょう。最初から100点を目指すのではなく、あえて60点で出し、どんどんフィードバックをもらいましょう。60点で出すメリットは3つあります。

(1)方向性を確認できる

 ある程度仕事を進めたら、相手に方向性や内容を確認してもらいましょう。やり直しのリスクを減らすことができます。しかしストレートに「60点の出来です」と言ってしまうと、「ちゃんと仕上げたものを持って来い」と突き返されてしまうでしょう。

 ではどうするか。調査・分析であれば「速報」、書類であれば「ドラフト」という形にするのです。これなら必ず見てもらえます。要所をしっかり確認しましょう。

(2)相手に突っ込ませて、ゴールを明確にする

 依頼者が最終形をイメージできないときは、「60点」での提出が効果的です。

 依頼者が常に正解を持っているとは限りません。形さえあれば突っ込むことはできるもの。依頼者の状況を想定し、仮説でもいいので「こんな目的と内容でよろしいでしょうか?」と質問します。

「60点の出来」でも、相手の立場で真剣に考えた質問や提案は、相手の思考を刺激します。あえて相手に突っ込ませることによって、依頼者のイメージがどんどん固まっていきます。

「このやりとりを3回続ければ、相手は断る理由をなくす」とは、三井物産の元副社長、池田正雄氏の言葉です。6000人を超える優秀なリーダーにインタビューしてきましたが、ほぼ全員が同じことを言っていました。