ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
面接 自分という商品の売り方
【第4回】 2012年1月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
土江英明 [ダイヤモンド社 書籍編集局 局次長]

志望動機が伝わる人 伝わらない人

1
nextpage

この連載では、面接官の視点から就職面接について語っています。今回は、就活生が一番苦労するであろう「志望動機」についてお伝えしたいと思います。

志望動機の多くが会社のよいしょ

  自己紹介、自己PRよりも、さらに就活生が難しく感じているのが「志望動機」だと思います。
  無理もありません。なぜなら、会社で働いたことがないわけですから、どんな仕事がしたいのかをイメージするのは難しいのです。

  確かに、「志望動機は難しい」。
  でも、面接官は就活生の志望動機にうんざりしているのではないかと思います。

  なぜならば、「志望動機の多くが会社のよいしょ」だからです。
  企業から渡されるパンフレットやホームページに書かれていることを、そのまま話してしまう学生が多いからです。
  ダイヤモンド社の場合でいうと、ホームページに掲載されている会社概要を見て、「ダイヤモンドのように『小さくても光る』を社是とされていることに感動しました」と話す学生の方が、毎年必ずいます。きちんと、ホームページは見ているんだなと思いますが、残念ながら志望動機としてはアピール度ゼロです。

  おそらくは、毎年同じようなことが日本中の面接会場で行われているのではないかと想像します。
  1日中、同じパターンの会社のよいしょを聞いている面接官は、嬉しいというよりは、ぐったり疲れてしまっているのではないかと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



土江英明 [ダイヤモンド社 書籍編集局 局次長]

明治大学法学部卒業後、85年ダイヤモンド社入社。「type」編集長などを経て現職。担当書籍は、『面接の達人』『フューチャー・イズ・ワイルド』『レバレッジ人脈術』『カエルを食べてしまえ』『神様の女房』ほか多数。学生による出版オーディション「出版甲子園」の第1回、第2回審査委員長を務める。長年、就職本の編集に携わり、採用面接官を10年以上担当してきた経験から、就活生向けの講演や模擬面接指導等も行っている。


面接 自分という商品の売り方

今回の連載では、面接官の視点から就職面接について語りたいと思います。「みんな、面白い体験をしているはずなのに、その話し方はもったいなさ過ぎる」と、面接官をしながら毎年感じています。具体的に話していくということはどういうことなのか、お伝えしていきたいと思います。

「面接 自分という商品の売り方」

⇒バックナンバー一覧