ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

ハドソンがiPod touch用ゲーム開発に力を入れる理由

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第24回】 2008年4月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Do the Hudson!!
iPhone、iPod touch限定サイト「Do the Hudson!!」のトップページ。(C)HUDSON SOFT

 「Do the Hudson!!」というWebサイトがある。ゲームやムービーを配信する同社らしいサイトだが、iPod touch専用という点がちょっと変わっている。ご存じのように、iPod touchは専用のブラウザを内蔵し、無線LANを使ってインターネットにアクセスできるのだ。もちろん、iPhoneも同様である。

 想像以上に質の高いサイトで、大きなコストをかけて開発されていることが見て取れる。そこで僕が疑問に思うのは、なぜiPhoneなのかということだ。日本ではまだ発売されていないので、iPod touchでしか利用できない。iPod touchとて、iPod全体の中での売り上げ割合はさほど多くはない。

 「iPhoneは、世界中で400万台出荷されていると言われます。1000万台に達するのも時間の問題でしょう。この中の何割かがゲームを楽しむターゲットになるわけですが、その割合は意外に高いと思います。今から開発に力を入れても、少しも早いとは思いません」(株式会社ハドソン 執行役員ネットワークコンテンツカンパニープレジデント 柴田真人氏)

 iPhoneは、それ以外の携帯電話に比べるとAVに強いのが特徴だ。現段階で手に入れているユーザーは、携帯電話での遊びに強い関心を持っていて、ゲームも利用したいと考えていてもおかしくはない。

 だが、それだけでは納得できない。仮に1000万台の出荷を達成したとして、そのうち2割がゲームに関心を持っていたとしても、200万台でしかない。例えばDSは、すでに累計で4000万台を超える出荷実績がある。ゲームのプラットホームとしての魅力はDSや他のゲーム機のほうが間違いなく高いだろう。もちろん、ライバルのゲームメーカーも多いという市場の原理もあるが。

 加えて、日本にいる限り、当然だがiPhoneのムーブメントは感じられない。正確に言うなら、iPod touchを使っている人もあまり見かけない。仮に、米国に旅行に出かけたとしてもiPhoneを見かける機会は少ないだろう。

 「もちろん、米国全体の携帯電話の中でiPhoneはまだ多くはないでしょう。割合からしても、数百台に1台くらいになるわけで、旅行などで見ないのも当然だと思います。ですが、iPhoneのムーブメントが来ていることは、米国やヨーロッパでは多くの方が感じています。日本だけがこの部分で圧倒的に遅れているのです。私は爆発的なブームが来ると読んで力を入れて開発しています。日本でまだ気づかれていないのは嬉しいくらい。気づかないで欲しいですよ」と柴田氏は語る。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧