「集団レイプする人は
まだ元気があるからいい」

 続いては、政治家としてはもちろん、一人の人間としても絶対にあり得ない暴言だ。

 2003年(平成15年)6月26日、鹿児島市内で全国私立幼稚園連合会九州地区の討論会が開かれ、少子化問題や青少年の残虐な犯罪が増えていることが議論の焦点となった。

 出席していた自民党行政改革推進本部長の太田誠一元総務庁長官は、この討論会が行われる直前に起きた早稲田大学の学生サークル『スーパーフリー』の集団レイプ事件の話題になると、「プロポーズする勇気のない若い男性が、最近は増えている」と発言した。

 この発言に対して、司会を務めていたジャーナリストの田原総一郎氏が「プロポーズできないから、集団レイプするのか」と質問すると、太田元長官は耳を疑うような暴言を吐いた。

「集団レイプする人は、まだ元気があるからいい。まだ正常に近いんじゃないか」

 被害女性に対するセカンドレイプであり、女性たちの尊厳を傷つけるということに一片の配慮もない発言だ。

 討論会終了後、太田元長官は記者団から発言の真意を問われると、「『レイプは重大な犯罪であり、従来以上に厳しく罰するべきだ』と言おうとしたが、タイミングがなかったことが残念だ。男性が配偶者を求める覇気に欠けている。それほど強く異性を求めているのであれば、きちんと結婚する相手を求めるべきだ、ということを言いたかった」と弁明したが、レイプと結婚がなぜ関係あるのか、まったく説明になっていない。

 当然、この発言は大問題となり、太田元長官は国会内で謝罪するも、依然として、国民からの激しい批判が続き、直後に行われた総選挙で落選。軽率な発言によって、大きな代償を支払わされることになったのだ。