ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

経済引き締めで中国人経営者が自信喪失!?
“ポスト不動産業”をめぐる暗中模索が始まった

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第92回】 2012年1月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 欧米経済の低迷、国内経済の引き締めにより、中国もまた一人勝ちが難しくなった。

 その先行き不安感は“不動の中国経済”の自信のもと、飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長を遂げたはずの中国人経営者にも色濃く現れる。不動産投資が期待薄になった次の時代、どう儲けるかの暗中模索が始まった。

大学の講義に「次の儲け」の
ヒントに飢えた経営者が殺到

 こちらは上海市内の某大学の駐車場。ここは週末になるとびっしり高級車で埋め尽くされる。MBAの学位取得を目指す中小企業の経営者をはじめ、国営企業や大手メーカーの管理職らが休日返上で早朝から馳せ参じるのだ。顔ぶれは金融、不動産、建設、科学技術、環境資源などさまざま。

 「中国、これからどんな商売が儲かるのか」――。

 1日8時間のその講義に、中国人経営者らは次なるヒントを貪欲に探る。教壇に立ったW教授は、こう檄を飛ばした。

 「世の中は変わっている、変わってないのはあなたたち中国の経営者だけだ!」

 W教授は不動産投資に依存しすぎた儲けのモデルが終焉したことを告げ、「新しいビジネスモデルを生みだせ!」と発破を掛けたのだ。

 過去10年、資金をしこたま不動産に金をつぎ込んで膨張してきた中国経済。中国で「温州商人」といえば、不動産転がしで巨万の富を築いた浙江省のボロ儲け軍団のことだが、不動産信仰が色褪せようとする今、超強気な彼らですら自信を喪失する時代になった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧