ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
人を動かす心理学
【第2回】 2012年1月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
渋谷昌三 [目白大学教授]

なぜか周りに好かれる人たちは、
外見の力を大いに活用している

1
nextpage

どんなにすばらしい中身を持っていても、それが相手に伝わらなければ評価されることはありません。とくに第一印象においては、見た目は好感度に大きく影響します。好かれる人になるために、積極的に活用したい外見力の高め方について解説します。

人間関係は誰でも高めることができるスキル

 好かれることが大事なのはわかったけれど、「私は人間関係が苦手なんです」と、気後れする人もいるかもしれません。

 心の専門家の立場から断言しますが、人間関係とはスキル(技術、技法)で想定以上に変わります。どれだけスキルを身につけているか、実践しているか、磨き上げているかが実際の好感度には影響してきます。

 スキルとは才能ではなく、どんな人であれ身につけることができるもの。なぜか周りに好かれる人というのが世の中にはいるものですが、彼らは意識的に、あるいは無意識のうちに好感度を高めるスキルを駆使しているのです。

 では、人を動かす第一歩として好感度をあげて心を掴むための方法についてお話ししていきます。 

ハンサムでなくても、ビジュアル系で行こう

 アメリカで行われた実験にこんなものがあります。

 魅力的な子と、そうではない子の写真を用意して小学校の教師400人に見せました。子ども達の成績は同じという設定で、それぞれの子どもについて評価してもらったのです。

 すると魅力的な子に対しては、教師は成績以外のことまで高く評価しました。しかし、そうではない子に対しては、逆の評価をしたのです。

 「人間は中身で勝負」と言いますが、この結果は、人間は見た目の印象によって評価が左右されてしまうことを示しています。

 別の言い方をすれば、どんなにすばらしい中身を持っていても、それが相手に伝わらなければ、評価されることはないということです。

 とくに第一印象においては、見た目は好感度に大きく影響するといえるでしょう。

 ここでいう外見とは、容姿やプロポーションといったことだけではありません。たとえば、いつもこざっぱりとした服装や髪型をしているというのもそうです。すれ違ったときに石鹸のいい香りがしたということもそうです。

 あるいは背筋がすっと伸びていて、笑顔で笑っているということもそうでしょう。たとえイケメンでなくとも、外見に好かれる雰囲気があれば、味のある魅力的な顔になります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



渋谷昌三 [目白大学教授]

1946年、神奈川県生まれ。学習院大学文学部卒業、東京都立大学大学院博士課程修了。 心理学専攻、文学博士。山梨医科大学教授を経て、現在、目白大学大学院心理学研究科及び社会情報学科教授。非言語コミュニケーションを基礎とした「空間行動学」という新しい研究領域を開拓し、その研究成果をもとに、現代人に潜む深層心理を平易にユーモラスに解説した書籍で多くのファンを持つ。主な著書に 『外見だけで人を判断する技術』(PHP研究所)、『手にとるように心理学がわかる本』(かんき出版)、『好感度200%UPの話し方』(ぶんか社)な ど。


人を動かす心理学

人を動かす基本は、人に好かれること。ビジネスパーソンにとっていちばん大事なのは、MBAの知識よりも人付きあいのスキル。人間の深層心理を平易にユーモラスに解説する書籍で多くのファンを持つ著者が、相手から信頼され、好かれるための人づきあいの基本を5回にわたって紹介します。

「人を動かす心理学」

⇒バックナンバー一覧