ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
オヤジの幸福論

年金逃げ水世代の老後サバイバル術

後藤順一郎 [アライアンス・バーンスタイン株式会社 AB未来総研 所長]
【第1回】 2012年2月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

夢のハッピー・リタイアメント?

 タイトルにもあるように、このコラムでの話は、一般に「オヤジ」と呼ばれる40代後半から50代前半の働き盛りの男性を念頭に置いたものです。平成元年(1989年)をピークに長期の景気低迷にあえぐ日本にあっても、この世代までは社会人としてバブル全盛期の景気の良さを体験しており、年金についても若者に比べると恵まれている(年金勝ち組)と見られています。

 実際、老後の生活に多少の不安はあっても、深刻に考えている人は少ないのではないでしょうか。あと10年ほど働けば、趣味のゴルフや地元でのボランティア活動など充実した日々を送る自分の姿を思い描く人もいるかもしれません。また、年に1回は夫婦で海外旅行に行くことを考えている人も多いでしょう。しかし、残念ながら、こうしたハッピー・リタイアメントはもはやこの世代の人にとってさえも当たり前のことではなく、以下に述べるような状況では、一部の限られた人にしか許されない夢となりつつあります。

理想は「PPK」

 老後について考える場合、お金の問題と並んで大切なのは健康の問題でしょう。できれば、元気に「ピンピン」生きて、最後は寝込まずに「コロリ」と逝きたいものです。実際、長野県佐久市は、亡くなる直前まで元気な人が多いことから、ぴんころ地蔵を建立して観光名所になっています。データを見ると、残念ながら本当に「ピンピンコロリ(PPK)」となる人はごく一部です。

 65歳まで生存した男性の平均余命は2004年時点で83.2歳ですが、日常生活に支障をきたす健康上の問題がない「無障害平均余命」は77.6歳です(平成18年 国民生活白書)。つまり、その差の5、6年が何らかの障害により介護が必要な期間です。一般に老後というと、セカンド・ライフ、つまり定年退職した後の心身ともに健康な時期のことを考えがちですが、実際には介護が必要なサード・ライフを経験する人が多いのです。子供に面倒をかけたくないので、体が弱ってきたら介護付き老人ホームに入ることを望む人も多いようですが、介護付き老人ホームは一時金以外に最低、毎月20万円程度もかかります。

次のページ>> 逃げ水のような年金
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

後藤順一郎 [アライアンス・バーンスタイン株式会社 AB未来総研 所長]

慶應義塾大学理工学部 非常勤講師。1997年慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業。97年株式会社富士銀行(現 株式会社みずほ銀行)にて、法人向け融資業務に従事。2000年みずほ総合研究所に勤務し、主として企業年金向けの資産運用/年金制度設計コンサルティングに従事。06年一橋大学大学院国際企業戦略研究科にてMBA取得。同年4月アライアンス・バーンスタイン株式会社に入社。共著書に「企業年金の資産運用ハンドブック」(日本法令 2000年)、「年金基金の資産運用-最新の手法と課題のガイドブック-」(東洋経済新報社 2004年)などがある。

 


オヤジの幸福論

年金支給が70歳支給になるかもしれない。公的年金ばかりか企業年金も怪しくなっている。銀行の金利も微々たるもの。平均寿命が延びるほどに老後が不安になってくる。自分で自分を守るためにどうしたらいいのか。オヤジの幸福のために自分年金について教えます。

「オヤジの幸福論」

⇒バックナンバー一覧