ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
倒産から2年!JAL再生“奮闘”記

【その2】CA・吉川陽子、秋澤まゆの場合
「お給料よりも飛んでいられることがうれしい」

【第2回】 2012年2月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 連載の第2回は現場で直接、顧客と接する客室乗務員(キャビンアテンダント)にインタビューする。一人は吉川陽子。1987年の入社で現在チーフキャビンアテンダントを務める。主にフランクフルト、ニューヨーク、ジャカルタなどファーストクラスのある路線に乗務している。もう一人は秋澤まゆ。2004年の入社で、こちらは主に羽田空港発の国際線に乗務している。

お客様の言葉が
何よりの励みに

――かつてほどではないとは言え、依然としてキャビンアテンダントは、女性の人気職種の一つだ。なかでもJALのCAは、かつては別格扱いされていた。難関を突破してたどり着いたはずの会社が2010年1月19日に倒産した。ちなみに吉川は、その日、テレビニュースで「破綻したけれど、我々は一便一便飛ばしましょう」と涙ぐみながら語っている姿が放送されたという。

吉川陽子(よしかわ ようこ)さんは1987年入社のベテラン。「飛べることが幸せです」と語る。
Photo by Kazunori Ogura

吉川 経営破綻は私にとっては本当に大きな出来事でした。残念なことでしたけれど、逆にみんなが今度は一つになって、新生JALという形で再建していこうという気持ちになりました。前向きにプラスの方に考えてやっていこうと。

 お客様からも本当に「頑張ってね」とか、「応援してるよ」という言葉をたくさん頂戴したので、それでみんなが飛び続けられることに感謝の気持ちを感じて、新生JALを目指しているところです。
 

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


倒産から2年!JAL再生“奮闘”記

2010年1月に、JALが会社更生法を申請してから丸2年が経った。再建は予想を上回るペースで進んでいる。この2月には経営陣は新体制に移行する。再生の原動力となっているのは、「意識改革」と「部門別採算性」という「稲盛経営」である。JALの人々は、倒産をどう受け止め、どのような思いを抱きながら、企業再建に取り組んでいるのか。トップ層から現場の従業員に至るまで、インタビューを軸に、再建に取り組むその姿を追う。

「倒産から2年!JAL再生“奮闘”記」

⇒バックナンバー一覧