ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

なぜ東電・経団連・財務省は反対するのか
東電国有化を巡る非常識な主張

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第174回】 2012年2月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 経済産業省は、東京電力に1兆円規模の出資(公的資金注入)を普通株により行い、東電の2/3以上の議決権を取得(経営権を掌握)し、一時国有化しようとしています。これに対し、当事者である東電に加え、経団連や財務省までもが異論を唱えています。この状況をどう理解すべきでしょうか。

一時国有化は当たり前

 まず最初に断言しておくと、1兆円の公的資金を注入した段階で東電を一時国有化するのは、政府として当たり前の対応です。

 それは、株式価値が3000億円の企業に政府が1兆円を投入するのだから当然という数字上の議論に加え、政府が達成すべきは東京電力という一企業の再生ではなく、電力の安定供給を確保しつつ電力料金の値上げを最小限に抑えることであるという点からも正当化されます。

 そもそも、東電が4月から企業などの大口向け電気料金を17%、秋から家庭など小口向け料金を10%値上げする方針を早々に示したことが異常です。燃料の輸入コスト増大の電気料金への転嫁を最小限にすべく、資産売却やコスト削減などのリストラが徹底的に行われたのかについて、何も情報が開示されていないからです。

 そうしたデータは、東電と原子力損害賠償機構が策定中で3月に公表される総合特別事業計画(東電の再生計画)に含まれているのかもしれませんが、その情報が示されない中での値上げが理解されるはずありません。原発事故以降の対応の杜撰さから、東電の信用は地に落ちているからです。

 かつ、電気料金の値上げは今回1回で終わりません。原発事故被災者への賠償金は機構が融通した資金で賄われていますが、将来的には東電が返済しないといけません。福島第一原発の廃炉コストや福島県の放射能の除染コストもかかります。将来的には全部で数十兆円規模の資金が必要になることを考えると、将来的には更なる値上げが何度も行われる可能性が大きいのです。

 そうした事実を考えると、今回の値上げがユーザ側にとってはまったく納得感のないものなのです。東京都の猪瀬副知事が、更に100億円のコストカットが可能と主張したのも当然です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧