ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

政治家や官僚や学者は
高齢化社会と真正面から向き合うべき

上田惇生
【第276回】 2012年2月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
【絶版】

 「人口構造の重心が移動すれば、社会そのものが変化する。組織や問題はもとより、社会の風潮、性格、価値観が変わる。激震が走る」(『見えざる革命』)

 翻訳者の作法として、その時々に扱うテーマについては、内外の文献を漁る。自らも多少は書き下ろせないようでは、翻訳は無理である。1976年、ドラッカーから『見えざる革命』の原稿が送られてきた際にも、60点ほど高齢化に関する文献に目を通した。

 しかし、それらはすべて、高齢化社会における高齢者の健康、医療、衣食住、家計、趣味についてのものだった。高齢化社会そのものの問題や、経済、政治を論じた文献は1点もなかった。

 したがって、ドラッカーの『見えざる革命』が、高齢化社会に関する世界で最初の文献だったことは間違いない。米国の経済学者ケネス・E・ボールディングが、雑誌「ジ・アメリカン・バンカー」の書評欄において、ドラッカーを「現代社会最高の哲人」と評した。しかし、世界中にたくさんの経済学者、社会学者、政治学者がいて、連日なにかを論じているにもかかわらず、その後、今日に至るまで、高齢化社会そのもののあり方について真正面から論じたものはあまりに少ない。

 いわゆる“定年”なるものが定められた頃、定年年齢が新規就業者の平均余命の10年も先だったことを誰も指摘しない。年金社会は、高齢者が喜んで働き、それに報いることができなければ、破綻するしかないことも、指摘しない。

 ドラッカーは、やがて強制的な退職年齢は禁じられるようになるだろうという。肉体労働者であれば定年も歓迎されようが、知識労働者はまだまだ働ける。彼らを働かせないことはもったいないうえに、社会がもたなくなる。

 就業時の平均余命と強制退職年齢の関係は、簡単な算数の問題である。ただし、高邁な学者、官僚、政治家はなぜか解こうとしない。

 「人口構造の変化と年金社会の変化は、新しい問題を生み、新しい政策を要求する。新しい問題領域を明らかにし、これまでの問題領域の多くを意味のないものにする。社会の気質、空気、価値、行動を変化させる。それに伴い、政治そのものに影響を与える」(『見えざる革命』)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧