Ms.BOPチームの「新興国ソーシャルビジネス」最前線
【第5回】 2012年2月21日
著者・コラム紹介 バックナンバー
菅野文美 [日本総合研究所創発戦略センター コンサルタント],青木良子 [日本総合研究所総合研究部門研究員]

【中国市場】
伝統社会が残る農村部の攻略に
有効なソーシャルビジネスの手法とは 日本総合研究所創発戦略センター副主任研究員 菅野文美
日本総合研究所総合研究部門研究員 青木良子

1
nextpage

前回は、Drishteeのビジネスを例に、インドの農村ビジネスを紹介した。今回は、新興市場として、インドとよく比較される中国の農村部を取り上げる。 近年、中国内陸部の成長が目覚ましいが、今、その先にある農村部市場が注目されつつある。まだ多くの日本企業にとって未知の世界である中国農村部市場の実態と、中国特有のソーシャルビジネスの可能性について紹介する。

発展する中国内陸部の先に
見えてきた農村部市場

すげの ふみ/東京大学文学部社会学科卒業、コロンビア大学国際・公共政策大学院卒業。国際NGO中国事務所にて中国農村部の教育事業・地域開発に携わる。2011年に日本総合研究所入社。専門は、中国農村部など新興国貧困地域におけるソーシャルビジネスの立ち上げ、企業とNGOや社会的企業間のクロス・セクター・パートナーシップ構築。

 近年、中国内陸部が目覚ましい勢いで成長している。2008年に打ち出された4兆元に及ぶ政府の景気対策を背景として、今や内陸部の中心都市では地下鉄が走り、高級マンションが立ち並ぶ。

 週末ともなれば、ショッピングセンターで買い物をし、スターバックスで一休みする光景も、もはや日常のものとなりつつある。この成長を目の前にして、中国戦略の中核に内陸部を位置づける多国籍企業・日本企業が増加している。

 一方、このような繁栄は内陸部でも一部の都市に限られており、内陸部の大半を占める農村部には、約1億人とされる中国の貧困人口(1日の収入が1ドル以下)が集中している。事実、2010年における都市人口の平均年収が2万元(日本円で約25万円)であるのに対し、農村人口は4730元(約6万円)と、都市部と農村部の格差は歴然であり、中国農村部の購買力は低いとの見方が一般的である。

1
nextpage

グローバル化 一覧ページへ

媒体最新記事一覧

菅野文美 [日本総合研究所創発戦略センター コンサルタント]

すげのふみ/東京大学文学部社会学科卒業、コロンビア大学国際・公共政策大学院卒業。国際NGO中国事務所にて中国農村部の教育事業・地域開発に携わる。デクシアクレディローカル銀行東京支店審査部を経て、2011年に日本総合研究所入社。主に、新興国におけるソーシャルビジネスやインパクトインベストメント立上げを支援している。

あおき りょうこ [日本総合研究所総合研究部門研究員]

慶應義塾大学大学院法学研究科卒業。2009年に日本総合研究所入社。専門は、中国におけるマーケティングリサーチ、コンサルティングで、製造業から流通業、BtoBからBtoCまで様々な企業のコンサルティングに従事。BOP関連では、農村部での消費者調査を得意とする。


Ms.BOPチームの「新興国ソーシャルビジネス」最前線

日本で「ソーシャルビジネス」という言葉が紹介された当初は、海外から持ち込まれるカタカナ経営用語の一つというとらえ方をされていた。だが昨今話題になるソーシャル・ビジネスは、「地域社会やコミュニティが抱える社会的課題を解決する」という面だけではなく、「社会構造を根本的に変える」イノベーティブな発想も内包する。市場のルール自体を変えるチェンジメイカーだ。インド、中国内陸部、アフリカ、東南アジアにおけるソーシャルビジネスの最新事例を基に、日本総研の女性チームがその実体験と分析を紹介する。

「Ms.BOPチームの「新興国ソーシャルビジネス」最前線」

⇒バックナンバー一覧