ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

ケータイ新時代、日本はどんなプレイヤーに?
タフな国内市場で磨いたスマホで世界を目指せ

――モバイル・ワールド・コングレス(MWC)レポート【後編】

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第20回】 2012年3月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 スペイン・バルセロナで開催されたケータイ産業の世界的な展示会「モバイル・ワールド・コングレス(Mobile World Congress、以下MWC)」のレポートを、前編に引き続いてお送りする。端末の動向等はすでにあちこちで報道されており、本連載では少し視点を変えて、MWCから浮かび上がるケータイ産業の俯瞰図をお伝えしたい。

自らの再定義が日本勢復活のカギ

 プレゼンスこそ韓国・中国勢に大きく水を開けられたところだが、MWCでは日本勢の展示も少なくない。NTTドコモをはじめ、端末や通信機器(基地局等)、あるいは計測機器のメーカーなども例年出展している。

ジャパン・パビリオン

 MWCを定点観測している業界の人間として、リーマンショック直後に日本勢が一斉に出展を取りやめた時は、「いよいよ黄昏が近いのか」と相応の危機感を覚えたものである。その頃に比べれば、主要国の一角として一定の存在感を回復したといえるだろう。

 今回特に注目されたのは、コンテンツ事業者の出展だった。JETROが中心となって進めている「ジャパン・パビリオン」には、NFC(Near Field Communication、近距離無線通信)の台頭で今後の動向が注目されるフェリカ・ネットワークス社をはじめ、コンテンツ、アプリ、ミドルウェアを開発する企業が多く出展した。

NTTソルマーレの「萌え」なブース

 また、ケータイ向けコミックの配信や、コンテンツ・アグリゲーション事業を手がけるNTTソルマーレは、例年と同様に日本の「萌え」を前面に打ち出し、ケータイをアウトレットとしたコンテンツ輸出の機会を狙っていたようだ。さらに、ソーシャルゲーム・プラットフォーム事業者の活発な海外展開の一環なのだろう、大手のグリーも目立つ場所にブースを構えていた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

クロサカタツヤ[株式会社 企/株式会社TNC 代表]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧