ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

競争力向上と巨大市場を背景に勢いづく中国勢、
新興国BOPビジネスをも射程に収めるケータイ産業

――モバイル・ワールド・コングレス(MWC)レポート【前編】

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第19回】 2012年3月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
例年よりも遅めの開催となった、今年のモバイル・ワールド・コングレスのエントランス

 スペイン・バルセロナで開催されているケータイ産業の世界的な展示会「モバイル・ワールド・コングレス(Mobile World Congress、以下MWC)」に、今年も参加してきた。

 例年よりも数週間ほど遅めの開催となり、日本の年度末の繁忙期と重なった今年のMWCだったが、それでも日本からと思わしき参加者が会場のあちこちで見受けられた。またこのタイミングに合わせて各社が新製品や新戦略を多く発表することから、会場は例年通りの賑わいを見せていた。

 特に海外市場や通信機器(基地局やバックボーンネットワーク)の状況を把握するには、ここに来なければ会えない人や知り得ない情報が多い。またケータイ産業に関係する事業者が一同に介するMWCは、さながら同窓会のような趣さえもある。私自身はトンボ帰りを余儀なくされたが、それでも業界関係者から「バルセロナで会おう」という連絡を多くいただくと、足を運ばざるを得ない。

 では改めて、今年のMWCはどうだったのか――すでにWebメディアをはじめ、新製品の報道はあちこちで行われている。そこで例によって、本連載では少し視点を変えて、MWCから浮かび上がるケータイ産業の俯瞰図を、いくつかスケッチしてみたい。

Android端末競争の先に何があるのか

 まずMWCの華と言えば、なんといってもケータイ端末である。特にここ2~3年は世界的にスマートフォンへのシフトが進み、フィーチャーフォンの展示はよほど注意深く探しても見つかるか、というところである。

 今回もご多分に漏れず、クアッドコアの高性能チップセットや、高精細の大画面パネル、また3D対応やクラウド連携、さらには消費電力性能等、およそ想像しうる端末性能のほとんどの領域において、高性能化が大々的にアピールされていた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

クロサカタツヤ[株式会社 企/株式会社TNC 代表]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧