ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営請負人の時代

“全員がダイソン掃除機の愛用者だった”は偶然!?
情報感度と専門性の高さがビジネスパーソンの武器に
――ライフネット生命副社長・岩瀬大輔氏【前編】

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]
【第11回・前編】 2012年3月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

この2月10日、東京証券取引所マザーズ市場へ上場承認されたライフネット生命保険。戦後初の独立系生命保険会社である同社の保有契約件数は10万件(2011年12月末)を突破。副社長である岩瀬大輔氏は準備期間から1年半という短期間で132億円もの資金を集めるとともに、多くの人材をも引き寄せ、“ネットで保険が買える”という新しい生命保険の形を実現した。この右肩上がりの成長企業の源泉は他業種からの積極採用と、常に人と異なる戦い方ができる点にフォーカスした人選にあった。岩瀬氏自身も元ボストン・コンサルティング・グループという、日本の保険会社においては希有なキャリアの持ち主。「経営請負人の時代」第11回は“番外編”として、向かい風ばかりの今の時代に成長し続けるための情報と仲間の集め方に迫った。

ベストパートナーは
ミスマッチの中に隠れている

いわせ・だいすけ
1976年埼玉県生まれ。1998年に東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループ、リップルウッド・ジャパン(現RHJインターナショナル)を経て、ハーバード経営大学院に留学。同校を日本人では4人目となる上位5%の成績で卒業(ベイカー・スカラー)。2006年にライフネット生命保険の設立に参画。2009年2月、代表取締役副社長に就任。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」選出。

南 出口治明社長と岩瀬さんの2人で始めたライフネット生命は多くのスタッフが外部登用ですよね。出口社長こそ日本生命の元幹部ですが、岩瀬さんは元ボストン・コンサルティング・グループ。さらにIT企業出身者や敏腕マーケッターまでが揃う。各界のプロフェッショナルの集まりですよね。

岩瀬 多様なバックグラウンドはベテランから若手に至るまで共通していますね。大手でキャリアを重ねた保険のプロから、保険と全然関係のないフィールドで活躍していた人までが一緒に働いて、それぞれに成果を出しています。

南 保険業界という、やや堅いと言われている業界において、そうした方針はどうやって築いていかれたのでしょうか?

岩瀬 社長の出口の方針でもあります。彼は日本生命保険で企画部や財務企画部などエリートキャリアを歩み、生命保険業界からも支持が厚い。つまり、その気になれば後輩を集めて下請け会社を作ることも不可能ではなかったのです。でも、彼はとにかく自分と真逆の人と組みたいということで一貫していました。自分は歳もとっているし、保険のことはよく知っている。だからこそ、若くて生命保険のことをまったく知らない人と新しいことをやりたい、と。

岩瀬 そして当時30歳の僕を選んでくれた。だから“ミニ日本生命”のような会社にならずに独自性を出すことができたのです。そうした思想に共感していただけたからこそ、三井物産、新生銀行、セブン&アイ・ホールディングス(現セブン・フィナンシャルサービス)他から132億円もの資金を調達することも可能になりました。トップがそういった調子なので、社員もどちらかといえば通常の生命保険会社には「ミスマッチな存在」が揃っています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]

1999年、米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部の両学部を卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社し、M&Aアドバイザリー業務に従事。その後、香港・PCCWグループの日本支社の立ち上げに参画。幼少期より興味があったスポーツビジネスに携わるべく、2004年、楽天イーグルスの創業メンバーとなる。チーム運営や各事業の立ち上げサポート後、GM補佐、ファン・エンターテイメント部長などを歴任し、初年度から黒字化成功に貢献。 2007年、株式会社ビズリーチを設立し、代表取締役に就任。日本初の個人課金型・転職サイト「ビズリーチ」を運営。2010年、プレミアム・アウトレットをイメージしたECサイト「LUXA(ルクサ)」を開始。2012年、ビズリーチのアジア版「RegionUP(リージョンアップ)」をオープン、2013年2月、IT・Webエンジニアのためのコラボレーションツール「codebreak;(コードブレイク)」をオープン。著書に『ともに戦える「仲間」のつくり方』『絶対ブレない「軸」のつくり方』(ともにダイヤモンド社)がある。

 


経営請負人の時代

「経営のプロ」として、社外から登用される社長や役員。彼らの経営哲学、プロフェッショナルなビジネスパーソンになるための秘訣、自身の市場価値を高めるキャリアの磨きかた、若きビジネスパーソンへのメッセージなどを語ってもらうインタビューシリーズです。聞き手は、平均年収1000万円以上レベルの人材と企業をマッチングする会員制転職サイト「ビズリーチ」代表の南壮一郎。

「経営請負人の時代」

⇒バックナンバー一覧