ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
香山リカの「ほどほど論」のススメ
【第23回】 2012年3月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
香山リカ [精神科医、立教大学現代心理学部教授]

人は専門家に明解な言葉を求めるが、
専門家になればなるほど曖昧な話し方になる

1
nextpage

極端のほうがむしろ受け入れやすい

 昨年の秋に出版された、経済学者の橘木俊詔さんとの対談本『ほどほどに豊かな社会』という本に関し、池袋の書店で対談する機会がありました。

 本の対談のときから橘木さんがずっと主張し続けているのは、日本の経済成長は1%から2%でいいという視点です。

 この先いくらがむしゃらに頑張っても、中国のように10%を超える成長率を実現するのはありえない。政府が掲げる経済成長戦略の6%から7%という数値の達成もおそらく無理だろう。しかし、マイナスになってしまうのは困るから1%から2%の成長でいい。これが橘木さんの考え方です。

 1%から2%の成長でいいと考えるということは、「これ以上の豊かさは望めないけれども、極端に貧困になることもなく、ほどほどの生活は維持できる」ということを受け入れなければなりません。こうした考えを肯定的に受け入れるのは、いまの日本人にとって心理的にもっとも難しいことなのではないかとも思います。

 それよりは、実現性の問題は棚上げしてでも、とにかく「まだ日本は成長できるはずだから10%を目指しましょう」と打ち出して、それに向かって努力するほうが受け入れやすいのでしょう。

 あるいは、経済がマイナス成長になり、何もかも失っても幸せになれるという「経済成長不要論」とでも言うような極端な考え方のほうが、人々にとってはむしろ受け入れやすいものなのかもしれません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

香山リカ [精神科医、立教大学現代心理学部教授]

1960年北海道札幌市生まれ。東京医科大学卒業。豊富な臨床経験を生かし、現代人の心の問題のほか、政治・社会評論、サブカルチャー批評など幅広いジャンルで活躍する。著書に『しがみつかない生き方』『親子という病』など多数。


香山リカの「ほどほど論」のススメ

好評連載「香山リカの『こころの復興』で大切なこと」が終了し、今回からテーマも一新して再開します。取り上げるのは、社会や人の考えに蔓延している「白黒」つけたがる二者択一思考です。デジタルは「0」か「1」ですが、人が営む社会の問題は、「白黒」つけにくい問題が多いはずです。しかし、いまの日本では何事も白黒つけたがる発想が散見されるのではないでしょうか。このような現象に精神科医の香山リカさんが問題提起をします。名づけて「ほどほど」論。

「香山リカの「ほどほど論」のススメ」

⇒バックナンバー一覧