シリコンバレーに拠点を置くアップル、グーグル、フェイスブック、エアビーアンドビー、ウーバー……といった企業は、どうやって次々と大きなイノベーションを起こしているのか? 新刊『シリコンバレー式 最高のイノベーション』では、22ヵ国でスタートアップを支援するインキュベーター&アクセラレーター会社のCEOである著者が、シリコンバレーで起きているイノベーション成功の秘密を初公開! 小さなアイデアが大きな変革をもたらし、世の中を一変させるプロセスを、多くの実例を紹介しながら解き明かす。起業家、企業のオーナー、ビジネスパーソンを問わず、あらゆるビジネスに応用できるイノベーションのヒント。本連載では、その基本中の基本である「小さく、少なく始める」コツについて10回にわたって紹介していきたい。

大人数では創造性を発揮できない

©Richard Zeiger
[著者] スティーブン・S・ホフマン
ファウンダーズ・スペース社代表、シリコンバレー業界団体組合議長、ニューメディア評議会理事、インタラクティブ・メディア・アカデミー創設者。カリフォルニア大学でコンピュータ工学の理系学位を取得した後、南カリフォルニア大学でシネマテレビジョン・プロダクション美術学修士号を取得する。その後、さまざまな業界や職種に携わり、シリコンバレーでベンチャーキャピタルによるスタートアップを数社起業した後、起業家や社内起業家の支援を目的にファウンダーズ・スペース社を設立。現在、世界22ヶ国に50を超えるパートナーを持つ世界的アクセラレーターである。
[訳者] 関 美和(せき・みわ)
翻訳家、杏林大学外国語学部准教授。慶應義塾大学卒業後、電通、スミス・バーニー勤務を経て、ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。モルガン・スタンレー投資銀行を経て、クレイ・フィンレイ投資顧問東京支店長を務める。主な翻訳書に、『ハーバード式「超」効率仕事術』『ファンダム・レボリューション』(共に早川書房)、『シェア』『MAKERS』『ゼロ・トゥ・ワン』(いずれもNHK出版)、『Airbnb Story』『「おカネの天才」の育て方』(共に日経BP社)などがある。

ほとんどのスタートアップは少人数で始まる。

おカネがないからだ。

創業者たちと、数人のアルバイトくらいだ。

一方、大企業には、はじめから大人数のイノベーションチームを作る余裕がある。

だが、大人数のチームを作るのは大間違いだ。

インキュベーターの経営とグローバル企業のコンサルティングの両方の経験から、理想的なチーム規模は2人から8人だと僕は考える。

人数が少ないほうが、お互いに協力し、意思を通わせ、うまく親密に仕事ができるからだ。

大人数では築けない絆がそこに生まれる。

少人数なら全員が親しくなり、お互いの長所と短所を理解し、より深い関係を築くことができる。

するとチームワークはよくなり、がっつりと組んで一緒に仕事ができるようになる。

大人数のチームは逆に、メンバーがより慎重になり、自分の身を守るようになる。

たくさんの人の前では僕でさえ発言に気を遣う。

失敗して間抜けに見られたくないと思ってしまう。

コミュニケーションが堅苦しくなり、スケジュールは厳密になり、会議の決まりごとが多くなり、人間関係はややこしくなり、メンバーの役割も複雑になる。

個人の力よりも集団の力学に重きが置かれるようになる。

人は誰しも集団に溶け込みたいという気持ちがある。

その欲求は人間の思考や行動に刷り込まれている。

大人数のグループの中では、少人数のグループにいる時と同じように振る舞うことはできない。

グループの規模が変われば、メンバーの心理も変わる。

大きな集団には階層ができやすい。

大人数をまとめて導くにはそのほうが都合がいいが、ピラミッド型の組織は創造性や自由な思考を解き放つには適していない。

秩序が乱れてしまう。