HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「引きこもり」するオトナたち

引きこもりは本当に“怠け者”!?
95%が精神障害を持つ現実と偏見の間

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第9回】

 今回も前回に引き続き、ようやく動き始めた国の引きこもり対策の動きについて話をしていきたい。

引きこもりの96%が社会復帰!?
驚異的な「支援プログラム」

 前回報告したとおり、厚労省は、2010年3月中に、新しい「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン(案)」を公表する予定だ。ガイドラインは、「引きこもり」現象についての相談を受けた現場の担当者らが、「引きこもり」として判断、アプローチしていく際の指針となるものである。

 その厚労省研究班の主任研究者、国立国際医療センター国府台病院第二病棟部長の齊藤万比古氏らが、新ガイドライン案の概要を解説し、3年間にわたる研究成果などを報告するシンポジウムが、2月19日、東京都千代田区の「日経カンファレンスルーム」で開かれた。

 中でも、興味深かったのは、「引きこもりの96%が社会復帰した」という、驚異的な「和歌山大学・ひきこもり回復支援プログラム」の“成果”だろう。

 調査報告した神戸学院大学人間科学部の水田一郎教授(精神医学)によると、「引きこもりではなくなる」ことを1つの効果の目安とみるのであれば、プログラムの開始された93年から8年間に、引きこもりだった学内の全学生72人のうち、97%にあたる70人が大学を卒業。96%にあたる69人は、社会参加まで至った。02年以降も、プログラムで関与した学生の85%以上は卒業していて、中には、国際ボランティアのリーダーや、精神保健の専門家になった人もいたという。

 もちろん、対象者がまだリスタートしやすい大学生であることと、引きこもってからまだ日が浅いであろう点は、差し引いて考えなければいけないかもしれない。とはいえ、この驚異的なプログラムのソフトは、一般の引きこもり対策にも、十分参考になるのではないかと思う。

引きこもり脱出を目指す
“アミーゴ”との4段階プログラム

 では、いったい、どのようなプログラムなのか。紹介した水田教授によると、次のような4段階に分かれるという。

 まず、第1段階では、保健管理センターに常駐する精神科医が、相談を受け付ける。相談者の大半は、引きこもりの保護者だが、プログラムを丁寧に説明し、引きこもり本人の了解を得られた場合に、精神科医が自宅や下宿を訪問。何度か訪問を繰り返し、統合失調症やうつ病などのために医療介入が必要と判断されたときには、医療機関を紹介し、受診を勧める。

1 2 3 4 >>
このページの上へ

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧