ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

危機に瀕した日本の林業に一筋の光明
消費急増・供給不足の中国木材市場を目指せ

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第96回】 2012年3月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本の山林の荒廃が深刻だ。スギやヒノキの人工林を抱える山の無価値化が進行しているのだ。地方経済の浮沈にも影響する山林経済、その出口を中国に求める動きが水面下で進んでいる。

 筆者は今年2月、愛媛県宇和島市のある漁港を訪れた。中国では今どんなものが消費されているのか、どんなビジネスが伸びているのか、そんな直近の情報を“産地直送”で講演させてもらうためだ。

 「昨今、中国では木材の消費が伸びている」――そんな話をすると会場の空気がにわかに張り詰めた。

 中国では今、林業経済が伸びている。2011年1~5月の中国における人造板(wood based panel)の生産は7700万m3で前年同期比35%増、家具生産については8200万件で前年同期比8.3%増、フロア材については3900万m2で前年同期比7.3%増となった。同期の林業総生産高は8000億元で、前年同期に比べ8.5%の成長となった。

 中国では2000年以降の住宅購入ブームで建材や家具などを中心に木材消費が急増する一方で、伐採などを原因に木材や木工製品の供給が不足しているのだ。国家も投資家も林業を次なる経済の牽引役と睨み、国家は政策でこの市場を牽引しようとし、また投資家は林業という新たな領域に食指を動かしている。

利用が進まない日本のスギ・ヒノキ
森林荒廃を招き花粉症の元凶にも

 他方、愛媛県への訪問で知ったのは、木材が売れずに困っている現状だった。

 「愛媛県はヒノキとスギの一大産地だが、手入れもされることなく伸び放題。スギの木を今後どうするかは、頭の痛い問題なのです」と地元の町長は話す。

 これらスギの木は、戦後に造成された人工林である。住宅ブームを見込んだ建材需要を満たすために造林が行われ、今では日本の森林面積2500万haのうち1000万haを人工林が占めるようになった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧