ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

あなたの個人情報・行動はこうして売買される!
ビッグデータ時代の暗闇“ブラックマーケット”の実態

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第9回】 2012年3月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ソーシャルメディアの急成長により、インターネットには膨大なデータが溢れ、大量のデータがリアルタイムに生成されている。これによって、ユーザー個人にあったサービスが提供されることになれば、利点も大きい。しかし、データが縦横無尽に探索されると心配なのがやはりプライバシー問題だ。現在、そうしたビッグデータ時代に蔓延しつつあるデータの「ブラックマーケット」の危険性を指摘するのが、現在、アメリカでビッグデータ関連の代表的なスピーカーであるジャッド・ヴァレスキー氏だ。

これまでIBM、ネットスケープ、AOL等でエンジニアリング、製品開発、M&Aを行ってきたテクノロジー業界のベテランであるヴァレスキー氏は、2008年に自らビッグデータ関連企業、グニップ(Gnip)社を共同創設している。そんな彼だからこそ語れるビッグデータ時代にはびこる「ブラックマーケット」の真の姿とその効果的な対策とは何か聞いた。(聞き手/ジャーナリスト 瀧口範子)

サイト「利用規約」が破られ、
データが採取、売買されている

――「ビッグデータ」が注目されるようになったが、あなたはデータの専門家として、データの「ブラックマーケット」の危険性についてたびたび論じてきた。どんなことが起こっているのか。

Jud Valeski(ジャッド・ヴァレスキー)
IBM、ネットスケープ、AOL、ワンボックス・ドットコム、ミー・ディウムなどでエンジニアリング、製品開発、M&A(企業買収)チームに属してきたテクノロジー業界のベテラン。2008年に、ソーシャルメディアのAPIアグリゲーション/サービス開発会社、グニップ(Gnip)社を共同創設した。ビッグデータ関連では、頻繁にスピーカーとして登場する。 

 現在は、ソーシャルメディアのサイトでユーザーが生み出すリアルタイムのデータが、各サイトによってある程度オープンにされ、それがデータ・プロバイダー企業によって集められている。データを観察することをなりわいにするモニター企業もあるが、さらに金融、メーカー、小売業などさまざまなデータ・ユーザー企業がそれを再利用している。新製品の反応を把握したり、ブランドに対する消費者の認知度を測ったりすることに使われているのだ。

 モニターしていれば、何か問題があった時に、それをキャッチしてすぐに対応することもできる。もちろん、災害救援を行う組織も、こうしたソーシャル・データ利用に注目している一分野だ。だが、その中で、サイト(パブリッシャー)側が定めた「利用規約」を超えてデータを採取し、それを別の企業に売るといった行為が行われているのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


IT insight

情報家電、インターネット、ソーシャルメディア、携帯電話など、ITツールの最新情報に加え、激動の市場を勝ち抜くIT企業の戦略、ITを駆使した新しい企業経営の姿などを伝える。ITエグゼクティブや編集部の視点から、ITビジネスの最前線を徹底分析する。

「IT insight」

⇒バックナンバー一覧