ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

アップルにあって民生電機3社にないもの
「ロマン」「ソロバン」「ガマン」
藤森裕司 バークレイズ・キャピタル証券マネージング・ディレクター

2012年4月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

悲劇的な決算を迎えるパナソニック、シャープ、ソニーの民生電機3社。なぜ3社はアップルになれなかったのか。スティーブ・ジョブズのように自社製品が世界をどう変えるのかという未来図(ロマン)を示し、組織を先導する強力なリーダーがいなかったというのはその答えの1つだ。しかし、他に2つある。キャッシュ化速度の違い(ソロバン)と、難局を耐え、乗り越える力(ガマン)だ。

苦境に立つ民生電機業界の
真の原因は何か?

ふじもり・ゆうじ/一橋大学経済学部卒。野村證券金融経済研究所で食品・日用品業界の担当アナリストとして活躍。その後、ゴールドマン・サックス証券で11年間、アナリストとしてパン・アジア地域の消費・薬品グループ、民生電機セクター、食品・化粧品セクターを担当。09年よりバークレイズ・キャピタル証券にて民生電機担当アナリスト。

 2012年3月期の合計最終赤字が1.2兆円を超える予定のパナソニック、シャープ、ソニーの民生電機3社。その凋落ぶりは指摘されて久しい。

 2月以降の株価は、シャープを除けば戻り基調ながら、震災前の水準からは、約40%下回った水準で放置されている。2月1日にはソニーのハワード・ストリンガー会長兼社長が、2月28日にはパナソニックの大坪文雄社長が、3月14日にはシャープの片山幹雄社長が退任すると発表、異例の3社そろっての社長交代劇となった。

 電機3社の苦戦の背景には、いくつかの要因が考えられる。そこには、1)外部要因、つまり経営陣や会社が、主体的にコントロールすることが難しい要因と、2)企業独自の失敗、いわば内部要因が混在している。

 概して、経営陣のコメントからは外部要因に責任を求める風潮があり、株式市場の参加者からは内部要因に責任を求める声が多い。しかし、これらを峻別して分析することで、問題の本質を見失うことなく、今後の処方箋を考える上で有効なヒントが得られよう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧