ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

外国人観光客もやっぱり夜の街が好き

莫 邦富 [作家・ジャーナリスト]
【第99回】 2012年4月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2月末の札幌。講演のために訪れた。昼間は自分の時間がまったくなかったので、夜、すべてのスケジュールを消化した後、ホテルを出て、雪の夜道を滑りながら、足任せに町をうろうろしていた。地方に行くと、できるだけその地方に対する皮膚感覚を保つために、どんなに遅くても私はその町を散策する。

すすきのの夜を楽しむ外国人観光客

 2月末とはいえ、北海道はまだ冬そのものだ。到着した夜には、駅前に対するチェックを済ませた。それで、2日目の夜には、迷わずにすすきのを目指した。すでに午後9時を過ぎていた。しかし、町を歩く人の姿が多かった。欧米系と思われる数人が街灯の下で観光地図を懸命に研究していた。

 彼らの横を通り過ぎると、今度は台湾特有のイントネーションで中国語を喋る女性の一団と遭遇。台湾からの観光客らしい。信号を待ちながら、曲がったほうがいいのか、そのまま直行したほうが正しいのかと、にぎやかに議論していた。横のほうからまたもうひとつにぎやかなグループが近づいていた。今度は韓国人の観光客と思わせる一行だ。男もいるが、女性が大半だ。

 そこで信号が緑になり、みんなは、方向が正しいかどうかといったことをそれ以上考えず、なんとなく前の人に従って一緒に移動することになった。そこから湧いてきた自信らしいものが、みんなの表情に出ている。「みんな、同じにぎやかなところを探しているのだろう」。そういう言葉がみんなの顔に書いてあるような気がする。

 そのとき、観光客にはやはり夜の商店街が必要だということを改めて認識した。日本の地方に行くと、夜はとりわけさびしい。お酒が飲めない私には、行く場所がない。営業している喫茶店はない。ファーストフードの店やコンビニエンスストアすらなかなか見つからないところもある。こうした地方でも海外からの観光客を懸命に誘致している。しかし、昼間の日程を消化した観光客たちからは、日本の夜が長くて退屈だという不満を聞かされている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

莫邦富(モー・バンフ) [作家・ジャーナリスト]

1953年、上海市生まれ。85年に来日。『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーに。そのほかにも『日中はなぜわかり合えないのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』、『鯛と羊』など著書多数。


莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

地方都市の勃興、ものづくりの精度向上、環境や社会貢献への関心の高まり…中国は今大きく変わりつつある。先入観を引きずったままだと、日本企業はどんどん中国市場から脱落しかねない。色眼鏡を外し、中国ビジネスの変化に改めて目を凝らす必要がある。道案内人は日中を行き来する中国人作家・ジャーナリストの莫邦富氏。日本ではあまり報道されない「今は小さくとも大きな潮流となりうる」新発見を毎週お届けしよう。

「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」

⇒バックナンバー一覧