ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
仕事が楽しくなる!25のルール
【第4回】 2012年4月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
大林伸安 [株式会社ノビテク 代表取締役]

営業ゼロだった私が、半年で
東日本のトップセールスマンになれた理由

1
nextpage

まったく売上が上がらなかった
新人時代

 今回からは、「仕事を面白くする」ための条件として私が考えている“いくつかのキーワード”を述べていきます。

 次PART以降では、それらのキーワードのそれぞれについて、より具体的に語っていくつもりです。しかしその前に、どうして私がそのキーワードを思い立ったのか。ほかならぬ自分が「仕事を面白くしていく」までの経験を交えながら、ご説明していきたいと思います。

 まったく仕事ができない新人だった私が、どうして会社を立ち上げるまでに至ったのか?「仕事なんて面白くない!」と思っていた私が、どうして「仕事を面白くする方法」を皆さんに提供しようと考えるまでに至ったのか?

 その経緯は、本書を読む皆さんに大いに参考になると思います。

 大学4年のとき、じつは私は、ほとんど就職活動というものをしませんでした。社会に出て働くということに、まったく興味が持てないまま大学生活を送っていたからです。

 当時、それを見かねた友人が、「一緒に行くぞ!」とOB訪問に連れていってくれたのです。それが兜町にあった某証券会社でした。

 正直、証券業界などに、ほとんど興味はありませんでした。おまけに、せっかく訪ねたOBも、急用ができて会えなくなる始末。「まあ、いいか」とロビーでボーッと2人で座っていたら、ちょうどその会社の役員さんが、そこを通りかかったのです。

 私たち2人は、どこからどう見ても学生という格好でしたから、怪訝に思ったのでしょう。役員さんは、受付の人にこう聞いたそうです。

1
nextpage
Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

underline

おすすめの本
おすすめの本
仕事を面白くするのは、あなた自身だ!

新卒学生に入社後にいちばん望むことは何かと聞くと、「楽しく仕事ができること」という回答が、ここ10年以上にわたってトップである。それにもかかわらず、仕事を楽しむことができず、早期離職してしまう若者は少なくない。どうすれば仕事が楽しくできるのか。何千人もの人材育成に携わってきたプロが、仕事を楽しくするための25のゴールデンルールについて解説する。1575円(税込)


話題の記事

大林伸安 [株式会社ノビテク 代表取締役]

日本一の規模である研修プロジェクトを講師側総責任者としてプロデュースし、完遂させる。講師としても大手企業を中心に、経営幹部から新入社員まで、何万人もの研修や講演実績がある。人材の「やる気」だけではなく、「やれる気」を育てることで人材の成長を促し、組織の活性化を促進させる“やれる気請負人”。「仕事を楽しむ人材づくりと仕事を楽しくする会社づくり」をミッションステートメントとして、人材教育事業を展開する。
株式会社ノビテク

仕事が楽しくなる!25のルール

仕事をもっと楽しくしたい――。最近は、どこの会社に行っても、若手社員からこの言葉を聞かされます。「楽しい仕事」を探すのではなく、「どうすれば今現在を楽しくできるか」から考えてみてはいかがでしょうか?私の会社では「やる気」ではなく、「やれる気」を促進することを目標にしています。本連載でお伝えしたいのは、そのためのちょっとした考え方やコツです。必ず本連載が役に立つことをお約束いたします!

「仕事が楽しくなる!25のルール」

⇒バックナンバー一覧