ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
美人のもと

アメ

西村ヤスロウ [広告プランナー]
【第130回】 2012年4月16日
著者・コラム紹介バックナンバー

 ドラマや映画などで家の前を掃除している人は、たいていニコニコしていて、「おはようございます」と元気に挨拶している。何気ない日常の描写だ。

 実社会ではどうだろう。掃除している人はそんなにニコニコしていない。淡々とこなしているという印象だ。

 仕事を楽しめ。誰でも一度は聞いたことがあるはずだ。しかし、実際楽しんでいる人がどれだけいるのだろう。

 美人は仕事の楽しみを知っている。家事にせよ、会社の仕事にせよ、実際楽しみにあふれたものはそんなに多くない。だが、楽しみが皆無であるものもほとんどないのだ。問題はその楽しみを自分で見つけたり、つくったりする気持だろう。皆が嫌がることに楽しさを探すこと自体結構楽しいものである。

 すると仕事への「愛情」が生まれてくる。誇りと喜びが生まれてくる。いろんな発見がある。それがまた楽しい。その瞬間こそ、人の表情を美しくする。そして「美人のもと」が増えていく。仕事に愛情を持っていると「言われていない」ことを言われる前にやるようになる。そこにまた楽しさを見つける。

 「言われていない」「聞いていない」と怒りながら働く人がいる。仕事に愛情がない人だ。そういう人の動機は「アメとムチ」という外発的なものに支配される。怒られないように動く。褒められるように動く。

 アメとムチで動く人はいつでも「褒めて、褒めて」という顔をする。時々「こんなことをやっても誰も褒めてくれない」と文句を言う。そんなことに動機があるからだ。

 「褒めて、褒めて」の顔。それは調教される動物に似ていて、ご褒美の餌を待つようだ。芸をやって、餌をもらう動物。イルカショーのイルカはかわいいけれど、芸の後に餌を待っている姿は悲しい。ボールを追いかけて咥えて戻ってくる犬は頼もしいけれど、ご褒美を待つ姿はよだれが出ていて残念。

 口が意味なく開いている。自分がやったことを自慢しながら口が開く。仕事しながら褒められることを想像してすでに口が開く。その開いた口から「美人のもと」が逃げていくのだ。

 「頑張っています」とアピールする「褒めて、褒めて」の態度をやめてみよう。言われなくても人は見ている。何より自分が自分を見ているのだ。美しい自分を見るのだ。


この記事に関連した読者調査の投票結果を見る
(投票期間は終了しています。)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

西村ヤスロウ [広告プランナー]

1962年生まれ。プランナー。趣味は人間観察。著書に『Are You Yellow Monkey?』『しぐさの解読 彼女はなぜフグになるのか』などがある。


美人のもと

『経』に好評連載中の西村ヤスロウ氏によるエッセイ。「美人のもと」とは、女性なら誰しも持っているもの、「美人のもと」を磨き続けるためのコツを解き明かす。

「美人のもと」

⇒バックナンバー一覧