ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

世界のセレブを呼び込むべく
成田に自家用機専用ターミナル

週刊ダイヤモンド編集部
2012年4月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
専用ターミナルでは出入国手続きがスムーズになる

 成田空港にビジネスジェット、すなわちエグゼクティブのプライベートジェット機の専用ターミナルがオープンした。

 ビジネスジェットといえば、1機数十億円する超高級な乗り物。別世界のイメージが漂うが、3月31日にオープンした専用ターミナルは、必ずしも豪華ではなく、至って簡素なものだ。

 ここで実現されているのは、ビジネスジェットの本質的な二つのメリット、時間の短縮とプライバシー性という機能だ。CIQ(税関、出入り口管理、検疫)を備えており、スムーズに出入国できる。専用ターミナルだから、他の利用者と鉢合わせすることがない。その点では、エグゼクティブにとっての利便性は格段に向上した。

 欧米ではビジネスジェットが普及しており、空港にも専用設備が整っている。ところが、成田空港でも1ヵ月に100便のビジネスジェットが発着するが、専用設備がなかった。そのため、せっかく自家用機で乗り込んで時間とプライバシーを確保しようにも、一般客と同じ列に並んで出入国手続きをしなければならなかった。

 原因は、首都圏空港の発着枠がタイトだったことにあるが、成田空港は2010年には年間20万回だった発着枠が段階的に広がり14年には30万回になる。そのため余裕が生まれ、専用ターミナルの設置が可能になった。

 これをきっかけにエアバスは早速、日本の客からビジネスジェットを初受注した。今後は、欧米のみならず中国からの利用が見込まれる。

 さらに、成田空港には15年にLCC(格安航空)専用ターミナルができる予定だ。利用客を引きつける装置は整いつつある。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 須賀彩子)

週刊ダイヤモンド

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧