ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
明るい未来のつくりかた
【第5回】 2012年4月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
市川文子 [株式会社博報堂イノベーションラボ 研究員]

アイスランド再生への知恵(4)
協業から生まれた地元の新しい価値

1
nextpage

前回まで、アイスランドの実践的教育の現場や起業家精神、そして市民自ら改革を進める政治システムや憲法の改革について紹介した。そこで見えてきたのは、アイスランドが資源の枯渇やエネルギー供給の不安定さ、インフレなど、数多くの困難に直面しながら、その度にみずからの創造性や限りある資源を活かして再生してきた歴史である。今回は、アイスランドという土地がもつ価値の再生に焦点を充てる。その具体的な取り組みに交えて、少しだけアイスランドの「美味しい」環境も紹介してみたい。

一冊の本が起こした変化

『夢の国アイスランド』(原題:Draumalandið)という本がある。著者はアンドリ・スナイル・マグナソン。過去にアイスランドの文学賞を2度受賞した、同国の今を語るに欠かせない作家だ。

アイスランドの今を代表する作家、アンドリ・スナイル・マグナソン。面会当日は、アイスランドの伝統料理を振る舞ってくれた。

 この著書の中で彼は、アイスランド人が安定を求めるばかりに、自然と向き合うことを忘れ、当時の政権によって過剰な水力発電とアルミニウムの精錬工場建設が推進されている事態に、警鐘を鳴らした。彼の語り口は情緒的だが、そこには具体的に水力発電所が生成する電力量とそこから生み出される雇用、一方で破壊される河川の数などが具体的に試算されていた。工場が建設されれば雇用が生まれ、経済は安定するだろう――新聞やテレビを鵜呑みにして「なんとなく」楽観視していたアイスランド人は、この本を読んで驚愕した。

 この本が出版されたのは、2006年だ。実に20万部(国民の6割以上が読んだ計算になる)を売る大ベストセラーとなった。

 発刊の翌年、この本に触発された市民たちの反対運動によって、新しい水力発電所の建設が中止されている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


市川文子[株式会社博報堂イノベーションラボ 研究員]

株式会社博報堂イノベーションラボ研究員。慶應義塾大学政策・メディア研究科修了。卒業とともにノキア・フィンランドに入社。以来9年間、ユーザエクスペリエンスのエキスパートとして世界各国で フィールドワークの実施とディレクションを行い、製品・サービスの企画開発に携わる。2008年にノキアを退社。以降、フリーのコンサルタントとして国内外の企業の商品ならびに戦略開発を行ってきた。2010年より博報堂イノベーションラボに参加。一児の母。


明るい未来のつくりかた

アイスランドは、金融危機による財政破綻で社会・生活の「断絶」を経験した。人々はどのように立ち上がってきたのか。その「断絶」と「再生」のプロセスを エスノグラフィーの手法を用いて学び、東日本大震災による社会の「断絶」から真の復興に向かうための考え方や仕組みづくりの示唆を得ていく。

「明るい未来のつくりかた」

⇒バックナンバー一覧