ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

ワイン卸売りのブランドビジネスで扱う
三つ星レストランも取り合う“幻の逸品”
ヴァンパッシオン社長 川上大介

週刊ダイヤモンド編集部
【第188回】 2012年5月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Toshiaki Usami

 フランスで100年以上前から代々続く、人間国宝級のワイナリー(ワイン生産者)が一子相伝で守ってきたワイン。

 職人気質のワイナリーたちから、このワインを売ってもらうのは至難の業といえる。書類での契約などなく、「お前だからこのワインを渡す」という信頼関係があるのみだからだ。

 三つ星レストランまでもが争奪戦を繰り広げるその逸品を、日本に輸入している企業がある。川上大介が立ち上げたヴァンパッシオンだ。

 在庫を抱えるため、多額の資金が必要となるワイン卸の世界。同業他社といえば、数十億円単位の取引をこなす大企業のグループ会社か、数人でマニアックなワインを扱う小規模な会社がほとんどだ。

 そんな中、ヴァンパッシオンは、創業7年で独立系ワイン卸企業としてトップクラスに成長。2012年3月期の年商は12億円超を見込んでいる。

半年で5000万円
創業期は資金集めに奔走
そこで運命の出会い

 商社のトーメンでワイン部門の担当だった川上は、そこが売却されるということで退社。ワインの素晴らしさを日本に広めるため、自らワイン卸会社を立ち上げることを決めると、商社時代に信頼を築いたワイナリーたちも応援してくれた。

 しかし、事業の特性上、創業に5000万円もの資本金が必要だった。さらに、次にワインが売りに出る時期に間に合わせるには、残された時間は半年しかなかった。

 子どももいれば、家のローンもたくさん残っている。そんな中、ひとまず資本金30万円で会社を立ち上げ、出資を募る日々が始まった。

 資金集めは困難を極め、「死んでもいいという覚悟」での外回りが続いた。そんなとき、ワインバーで1本何十万円もするワインを飲む、一人の男性との運命的な出会いが訪れる。

 知り合いだったバーのマスターに紹介してもらい、あいさつをした後に帰って調べてみると、なんとその男性はIT企業の超有名社長だった。

 後日、その社長の元へ出資の直談判に行くと、「あなたは成功する顔をしている。3000万円までどうぞ」という驚きの一言が待っていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧