ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
話さなくても相手がどんどんしゃべりだす 「聞くだけ」会話術【実践編】
【講演記・前編】 2012年5月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
松橋良紀 [NLPコミュニケーション講師・営業講師]

「言葉に頼ったコミュニケーションは
なぜ失敗するのか?」
会話力を高めるための「非言語の共通点づくり」
『「聞くだけ」会話術』出版記念、松橋良紀氏セミナー潜入記<前編>

1
nextpage

アゴを合わせるだけで、相手がべらべらしゃべり出す。その結果、営業マンなら商品が売れに売れて、接客業ならリピーターが続出するという「アゴの魔法」――。
大反響をいただいた前回のインタビューで、まったく売れないダメ営業マンから、たった1ヵ月で全国トップに飛躍した体験を語ってくれた『「聞くだけ」会話術』の著者、松橋良紀氏。その本人から、驚きのスキルを直接伝授してもらえるチャンスである出版記念セミナーは、講義とワークの2部構成。本記事では、4.25に行われたこのセミナーの模様を前後編でお伝えします!
期待と不安が入り混じった参加者を前に、松橋氏が語り始めたのは、スキルのベースとなるNLPの意外な成り立ち「モノマネ」と、「コミュニケーションの鍵となる3要素」だった――。(取材・文:山根洋士)

モノマネの天才、
リチャード・バンドラーが見つけたある共通点

「NLPは、モノマネから生まれたんです」

 モノマネとNLP? 冒頭から、参加者の虚を突くような話題で語りだした松橋氏。会場はしんと静まり返っている(なにせこのセミナーは「会話術」のセミナーなのだから)。

 聞けば、NLPの創設者の1人、リチャード・バンドラーは、友人たちの間でモノマネの天才と言われていたという。とはいえ、モノマネとNLPの間にいったい何の関係があるのだろう。参加者の疑問をよそに、松橋氏は話し続ける……。

モノマネがうまいということは、人のクセを見抜くのがうまかったんですね。そのバンドラーが、アメリカで天才と評されていた3人のセラピスト(ゲシュタルト療法のフリッツ・バールズ、家族療法のバージニア・サティア、催眠療法のミルトン・エリクソン)のカウンセリングを録音したテープを文字にする、つまりテープ起こしのアルバイトをしていました。

 3人のもとに来る相談者は、心の病を患っていて、いつ自殺してもおかしくないくらい深い悩みを抱えている人たちばかり。そういう人たちのメンタルを、この3人は次々に回復させていく。その録音テープを聞いているうちに、人のクセを見抜く天才だったバンドラーは、ある重要な事実に気づきます

 なんと、3人が相談者に対して使っている言葉や、コミュニケーションの方法に、共通する技術があったのです。その技術を体系化して、誰でも使えるようにまとめたのが、NLP(Neuro-Linguistic Programming = 神経言語プログラミング)なのです」

 スキルのベースがモノマネだったとは! こう言われると親しみやすいし、自分にもできそうという気にさせてくれる。

 言われてみれば確かに、「アゴを合わせる」というスキルも、モノマネと言えばモノマネのようなものだ。

言葉、声、ボディーランゲージ。
コミュニケーションにおいて、最も影響力があるのはどれ?

 どうやらNLPは難解なものではなく、モノマネの延長みたいなもののようだ。それを知って、少し肩の力が抜けた参加者たちに、松橋氏から質問が投げかけられた。

「人がコミュニケーションで使っている道具は、3つあります。一つは言葉、二つ目は声の使い方(トーンの高低やテンポ)、三つ目は、ボディーランゲージ。さて、この3つの重要度、つまりコミュニケーションを左右する影響度をパーセンテージで表すと、それぞれ何パーセントくらいだと思いますか? 」

1
nextpage
『起業のエクイティ・ファイナンス』著者Q&Aセミナー申込みはこちら
Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
考える力をつける3つの道具

考える力をつける3つの道具

岸良 裕司/きしら まゆこ:著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2014年6月

<内容紹介>
ごちゃごちゃした現実、もやもやした解決策、どんよりした将来を解消する「考える力をつける道具」はたったの3つだけ。どれも、使うのはかんたん。しかも使えば使うほど、考えるのが楽しくなってくる。「子どもはもちろん、CEOまで活用できるほど奥が深い」と世界中の評価を得ている、ゴールドラット博士の問題解決法。

本を購入する

DOLSpecial



underline
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、7/13~7/19)



松橋良紀 [NLPコミュニケーション講師・営業講師]

NLPコミュニケーション講師・営業講師。コミュニケーション総合研究所代表理事。
1964年青森県生まれ。高校卒業後にギタリストを目指して上京するもかなわず、26才から訪問販売営業を始める。3年間かかっても結果を出せず、クビ寸前に。救いを求めて通い始めたカウンセラー養成講座でNLP心理学を知り、翌月からトップセールスとなる。
16年にわたるセールスマン人生において、約1万件を超えるプレゼンテーションを経験。営業研修や能力開発講師を経験したあとに独立、スキルを体系化して、コミュニケーション総合研究所を設立。コミュニケーション改善を指導する講師として活躍中。開催しているセミナーは、テレビでも取り上げられたほか、『週刊ダイヤモンド』『THE21』『週刊東洋経済』『週刊SPA!』など、雑誌掲載も多数。
著書に、『あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール』『あたりまえだけどなかなかできない雑談のルール』『営業質問術』(いずれも明日香出版社)、『目標設定の鉄則』(マガジンハウス)がある。


話さなくても相手がどんどんしゃべりだす 「聞くだけ」会話術【実践編】

「一生懸命話しているのに、なんでいつも伝わらないんだろう」
「初対面でいつも自分ばっかりしゃべってしまう」
「相手の沈黙に耐えられない」
・・・などなど、コミュニケーションで悩むすべての人に向けて、「必要なのは無理にしゃべることではなく、自然と相手が話しだしてしまう聞き方の『型』なんだ」というメッセージを発信している『話さなくても相手がどんどんしゃべりだす「聞くだけ」会話術』
この連載では、聞くだけ会話術「実践編」と題し、実際に著者・松橋良紀氏のもとに寄せられたコミュニケーションの悩みを紹介し、その解決策をお教えします(全5回予定)。

「話さなくても相手がどんどんしゃべりだす 「聞くだけ」会話術【実践編】」

⇒バックナンバー一覧