ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
最強の仕事力 コミュニケーション・人脈開拓編

丹羽宇一郎・伊藤忠商事会長の「僕の“バカヤロウ”には愛がある」

週刊ダイヤモンド編集部
【第1章】 2007年12月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

1999年、約4000億円もの不良債権を一気に処理した伊藤忠商事。意気消沈する社員と、疑心暗鬼にかられる取引先や株主を説得・鼓舞して業績回復に導くことができたのは、丹羽宇一郎会長(当時は社長)のコミュニケーション力に負うところが大きかったのだ。

伊藤忠商事 丹羽宇一郎会長
伊藤忠商事 丹羽宇一郎会長

 ある米国の学者が、「コミュニケーションは見た目が5割、声や気迫が4割、話す中身はたった7%」と言っていましたが、僕の体験からしても、これは真実ですね。

 見た目といってもハンサムという意味じゃない。目ですよ。視線が落ち着かないのはダメ。情熱や気概が伝わらないのもダメ。話す中身にも、そりゃあこだわらないわけじゃないけれど、人は長々と言われても忘れてしまう。

 僕だって、その昔は上司の部屋に呼ばれても、退出してドアを閉めた途端に、話の内容のほとんどは忘れてた(笑)。自分がそうなんだから、みんな同じですよ。ごちゃごちゃ言わず、シンプルなのがいい。

 「もっと稼いでもらわないと予算がうんぬん」じゃなくて、「カネだカネ!」とか、「君のこれこれこういうところがよくない」より「バカヤロウ」のほうがわかりやすいじゃないですか。

 ただし、「バカヤロウ」には愛を込める。同じ「バカヤロウ」でも、愛のあるなしでは伝わり方がまったく違うんです。部下が必死にやった仕事を冷たく否定しちゃいけない。管理職時代、僕は部下を叱ったあとは、数日中にメシに誘ってフォローするようにしていました。自分の真意が相手に伝わらなければ、コミュニケーションにならないですからね。

丹羽の話は、とにかくわかりやすい。理路整然と格好をつけるのではなく、「短い言葉でいいからわかりやすく」を強く意識しているからだろう。そのほうが相手に深い印象を与えるし、伝わるものも大きい。なるほど、さすがは人間力の達人である。

コミュニケーションで問われるのは
人間力そのものだ。

 コミュニケーションの万能薬なんてものがあったら、見てみたいですね。うわべだけで「こう言えばいい」みたいなものではなく、人間力そのものが問われると思うからです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


最強の仕事力 コミュニケーション・人脈開拓編

『週刊ダイヤモンド』編集部による総力特集「仕事力」第3弾。企業にとって最大の資産は「人」。企業トップが明かすコミュニケーション・人脈開拓術の極意。

「最強の仕事力 コミュニケーション・人脈開拓編」

⇒バックナンバー一覧