ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

高級EVバトル勃発、トヨタ・日産の新テレマティクス登場
さらに深まるフィスカーの謎――NYモーターショー現地報告

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第108回】 2012年4月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

予想以上のインパクト
インフィニティ「LE コンセプト」

 2012年4月5日、午前11時35分を回った頃、ニューヨークで衝撃的な発表があった。場所はニューヨーク・マンハッタンの34thストリート&11thアベニュー。ハドソン川に面するジャビッツコンベンションセンターで開催されたNYモーターショーのインフィニティ(日産の高級ブランド)ブース。そこに登場したのは、高級セダンEV(電気自動車)の「LE コンセプト」だ。

NYモーターショーのインフィニティブース。高級EV「LEコンセプト」を発表する、日産自動車のカルロス・ゴーンCEO。
Photo by Kenji Momota

 壇上の日産CEOカルロス・ゴーン氏の口からは「24ヵ月以内に北米で発売」、「量産モデルとしては世界初となる非接触充電方式を標準装備」、「新開発したテレマティクス(インテル社のプロセッサー・Atom採用の)日産コネクトを採用」という言葉が出た。

 さらに同氏は「インフィニティのヘッドクォーターを香港に移した」とも発言したのだ。こうしたコメントに対して、自動車業界関係者たちの間からはかなりの驚きの声が上がった。会場内からは「大型の非接触充電の規格がまだ定まっていないこの時期に、随分と思い切ったものだ」、「日産もトヨタもテレマティクスで欧米勢に負けじと、ここまで早い時期にインテルと手を組むとは驚きだ」などの声が聞かれた。

 実は、同車の登場は、報道陣や業界関係者にとっては「折り込み済み」だった。なぜなら日産は2015年までに北米で4台のEVを発売すると発表していたからだ。この4台とは、「リーフ」、小型バンの「e-NV200」、スポーティタイプのEV、そしてこのインフィニティ「LE」だ。

 これら4台は、投資額5000億円以上と言われている日産のEV開発費用に対する量産効果を狙うため、「リーフ」向けに開発した同社Bプラットフォーム改良型の車体、パワーユニット、そしてリチウムイオン二次電池を基本的には共用する。ところが、こうした事前情報以外に、前述のような新開発技術が盛り込まれていたことが業界関係者たちの度肝を抜いたのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧