ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

イオン、CFS奪還なるか?両社の戦略に大きな溝

週刊ダイヤモンド編集部
2007年11月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「CFSはとにかく足元の火を消すのが先決。われわれの提案を評価してくれると信じている」

 イオンは11月16日、ドラッグストア大手CFSコーポレーションに対し、調剤薬局最大手アインファーマシーズとのあいだで進めている統合を阻止する代替案を発表。イオンの豊島正明専務執行役は期待をこう口にした。

 イオン案は「グループ企業との連携による規模追求」と「プライベートブランド(PB)戦略」の二つを大きな柱にしている。

ドラッグストア業界大再編の引き金をひくか
*カワチ薬品、クリエイトエス・ディー、セガミメディクスは単体。その他は連結
*アインファーマシーズには、2007年6月に統合したあさひ調剤の売上高163億円(06年7月期)を合算

 CFSはドラッグストアとスーパーマーケットを展開するが、前者はイオンが29.4%出資するウエルシア関東との業務提携で、後者はイオン傘下のマックスバリュ東海との業務提携により、業績回復を図るというものだ。

 イオンは食品や日用品の「トップバリュ」、医薬品であれば「ウエルシア」のPB商品を持つ。通常より納入価格が約2割安く、「トップバリュはCFSのスーパー事業の売上高の25~30%程度、ウエルシアは13~18%程度」(イオン豊島専務)まで取扱量を増やし、利益率向上を目指す。

 しかし、CFSの視点はまったく別のところにある。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧