ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

不況で急増中の「サドンデス倒産」を回避する特効薬は?

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第57回】 2008年12月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 最近、「サドンデス倒産が増えている」という声をよく聞く。

  「サドンデス倒産」とは、健全に業務を行なっていると見られる企業が、あたかも「突然死」のように、ある日突然破綻してしまうことだ。

 全く予想していなかった事態が降って湧いたように起きるため、当該企業の取り引き先や債権者は戸惑い、どうしてよいかわからない状態に陥る。突然の倒産で影響を受けるのは、経営者や取り引き先ばかりではない。従業員にとっても正に“寝耳に水”であり、新しい就職先を探さなければならない状況に追い込まれる。

 では、そもそも企業が破綻に追い込まれ、業務を行うことができなくなる状況とは、いったいどういうことなのだろうか。

 それは、企業が銀行から借りていたお金を返済できなくなったり、取引先に支払うべき仕入れ代金などを、約束通りの期日に支払うことができなくなり、「銀行や取り引き先などとの取り引きが全くできなくなってしまう状況」と考えるとわかり易い。

 企業は原材料を仕入れて、製品を作り、それを取り引き先に売る。その過程でお金が必要になると、銀行から借り入れをして業務を行なうわけだから、仕入れ先、取り引き先、銀行などが、その企業と取り引きを行なわなくなってしまうと、通常の業務を続けることができなくなる。

 他にも、作っている製品に大きな問題が出て、顧客からの信頼を失い、業務が続けられなくなるようなケースも考えられる。

 そうなれば、言うまでもなく「企業は儲からなくなって破綻する」との見方が一般的となる。

 ところが、なかにはたとえ儲かっていても資金繰りがつかなかったり、突然発覚した製品の欠陥などによって顧客からの信頼を失ってしまうようなケースもある。そうなると、「ある日目が覚めたら、有名な企業がなくなっていた」という事態も起こり得るわけだ。

 今後、“100年に一度の金融危機”の猛威がますます増せば、金融機関の体力低下などに伴って、「サドンデス倒産」が増加することが懸念される。それは、企業の社員や取り引き先に対しても、大きな悪影響を及ぼしかねない。相応の注意が必要だろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧