ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

「ぶつからないクルマ?」スバルEyeSight販売好調
SF映画で見た未来都市交通の夢がついに叶う!?
2020年代初頭「自動運転」実現への期待と不安

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第114回】 2012年5月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2020年代初頭に
「自動運転」の請負サービスが開始

 楽しい家族旅行。その帰り道、高速道路は大渋滞。

 助手席の奥さん、後席の子供たちはスヤスヤと寝ている。

 そんな時、ドライバーのお父さんは嘆く。

 「あ~、俺も寝たいよ。でも、少しでも早く帰りたいし。あ~もぉ~、誰が運転代わってくれよ!」

 こうした状況が、あと10年ちょっとで大きく変わる。

 お父さんは、車内の大型画面で、「オートパイロット」を発注する。行き先はすでにカーナビに登録済みの自宅だ。

 あとは、シートを倒して、お父さんもグッスリ眠れる。

 3時間後、「目的地に到着しました」という音声と共に、家族全員が目を覚ます――。

 あと10年ほどで、一般家庭のクルマでの全自動運転が現実化する。

 国土交通省は今年3月、一般自動車の自動運転の実用化に向けたロードマップを公開した。

 それによると、2012年時点で各自動車メーカーが、車の前後方向(加速と減速)、左右方向(走行レーンの維持や逸脱、危険回避)の自動化についてはすでに商品化している。今後は、前者について路車(道路側と車との通信)強調制御の実証試験を進める。後者については、現在は実施されていない操舵支援(自動的なハンドル操作)の実証試験を行う。そして、2020年代初頭ごろに、「オートパイロット」を実現するとした。また、こうした成果のデモンストレーションを、第20回ITS(高度道路交通システム)世界会議(2013年10月14~18日)で実施する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧