ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【ポーラ・オルビスホールディングス】
化粧品業界で売上高3位に浮上
19年連続減収のポーラを立て直し

週刊ダイヤモンド編集部
【第73回】 2012年6月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

化粧品のポーラ・オルビスホールディングスが好調だ。営業利益率は7.7%で業界大手の中でトップとなり、売上高も3位に浮上した。ビジネスモデルの地道な見直しが、成果を生んだようだ。

 訪問販売を主力としてきたポーラと、通信販売を主力とするオルビスを傘下に持つ、ポーラ・オルビスホールディングス。国内化粧品市場は漸減傾向にあり、過当競争に陥っているため、各社とも苦戦している。なぜポーラ・オルビスは業績を伸ばせたのか。

 19年連続の売上高減少──。実は売上高の約6割を稼ぎ出す中心事業のポーラは長年、不振にあえいできた。しかし2009年12月期にようやく底を打ち、その後は2期連続の増収増益を確保することができた(図(1)、(2))。

 ポーラは訪問販売からスタート。ポーラレディと呼ばれる個人事業主に商品を委託し、販売したら代金をもらうというビジネスモデルで、固定化された人件費がかからないため、リスクが少ない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧